全戸に天窓が付く? 東京・中央区に登場の画期的コンパクトマンションを写真とともに紹介

全戸に天窓が付く?そんなコンパクトマンションも登場。都内のモデルルームで筆者撮影

 コンパクトマンションとは、3LDKを中心にしたファミリータイプのマンション住戸に対して、小型のマンション住戸のことを指す。なかでも1K~1LDKの間取りをコンパクトとする考え方が主流である。ワンルーム型でもキッチンがはっきり分かれた住戸タイプ=1K以上を、コンパクトマンションと呼ぶわけだ。

 理由は、ワンルームが投資用として売られてきた歴史があるからだろう。狭く、住み心地のわるいワンルームのイメージから離れたところで、実需用1K~1LDKのジャンルを確立しているわけだ。

 といっても、近年のワンルームには、30平米程度の広さがあり、ベッドのほかにテーブルを設置できて、収納スペースも設けられるタイプがある。

 そのため、「基本1K~1LDKで、一部ワンルームを含む」のがコンパクトマンションの定義となろう。

 そのコンパクトマンションで画期的と呼べる工夫を凝らした物件が登場したので、写真とともに紹介したい。

特に積極的な不動産会社は

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年2月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ