都心マンション価格上昇させた巨大な投資ウエーブが、次に向かう場所は?

投資家が注目する地方都市で、分譲が始まる3マンション建設地のひとつ。筆者撮影

 2015年以降、東京都心部のマンション価格を大きく上昇させたのは、投資目的の購入者……それは、否定できないだろう。「買値よりも高く売って利ざやを稼ぐ」投資目的もあるし、「賃貸に出して、長く稼ごう」という投資目的もある。これに、「とりあえずセカンドハウスとして使い、ゆくゆくは売るか貸すかしてもよい」という“半投半実”(半分投資で半分実需の意味で、私が2016年から使っている造語)姿勢も含めると、投資の動きが東京のマンション価格を上げた、といってよい状況があった。

 その投資家の目が、今、東京を離れ、地方都市に向けられている。特に、「ビッグ3」というべき3つの大規模マンションがこれから販売を開始しようとしている場所に……興味深い状況について解説したい。

これから分譲されるビッグ3で、高まる注目度

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年2月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ