沖縄の桜の花が咲く寒さは?

2017年1月14日撮影(那覇市末吉公園)「沖縄気象台撮影」

【沖縄の桜の特徴】

平成29年1月14日撮影(那覇市末吉公園)「沖縄気象台撮影」
平成29年1月14日撮影(那覇市末吉公園)「沖縄気象台撮影」

沖縄の桜はカンヒザクラ(寒緋桜)、ヒカンザクラ(緋寒桜)といって1月に花を咲かせます。日本では沖縄や奄美地方で見られ、南国らしく鮮やかな濃いピンク色、下向きに咲くのが特徴です。

【沖縄の桜の花が咲くタイミングは?】

暖かい沖縄で桜が咲くためには、ある程度の寒さを経験する必要があります。花が咲くタイミングはいつなのでしょうか。

【開花のラインは13?!】

開花前の気温をみていきますと、最低気温が13を下回ると10年のうち6回は3日以内に開花、2回は6日以内に開花していました。

那覇の1月の最低気温の平年値…14.9

【開花日・那覇】

開花の早いほうから  最低気温

12月28日 2012年 12月25日13.9

12月31日 2009年 12月29日13.4

1月2日   2009年 1月1日12.7

1月3日   2008年 1月2日12.9

1月4日   1974年 1月3日12.7

1月5日   1982年 1月4日14.0

1月6日   1979年 12月31日12.3

1月7日   2011年 1月1日13.4

1月7日   1977年 1月6日12.9

1月9日   1989年 12月21日13.8 

(観測期間1974年~)   

那覇の12月下旬の最低気温の平年値は15.4、1月上旬の最低気温の平年値は14.9ですので、13のラインは平年の値を1~2下回っていることになります。

【今年は気温下がらず】

今年の沖縄は全体的に気温が高く、去年の夏(6月から8月)と秋(9月から12月)の平均気温が最も高い値を更新し、1月も記録的な暖かさが続いていたことから、桜が咲かないかも?という声がありました。

1月に入っても那覇では連日20を超える暖かさが続いていましたが、先週ようやく寒気の影響を受けて15台まで下がりました。その後那覇は14日に桜開花の発表となりました。

今年は13まで下がる事はありませんでしたが、これまでの気温を5下回ることで開花に結びつきました。極端に暖かい年は、急激な温度降下が必要なようです。

【沖縄の桜前線は南下する】

さくら前線南下
さくら前線南下

本州では桜前線は北上する一方、沖縄では南下します。桜開花に必要なのは「休眠打破」。一度寒さを経験しないと桜は咲いてくれません。

その為気温の下がりやすい北から開花します。これが桜前線南下のからくりです。那覇は今年の開花から2週間が経ちました。そろそろ満開の発表がありそうです。

関連記事

『沖縄”球春到来”に桜咲かず』2016年2月3日記事

『暖冬で沖縄の桜開花遅れる?』2016年1月15日記事

一足先に『サクラサク』2014年1月17日記事