阪本真由美

防災学者
専門は防災危機管理・防災教育。命と暮らしを守るための実践的な防災・減災対策がテーマ。神戸大学在学中に起こった阪神・淡路大震災をきっかけに防災に関心を持つ。JICAで国際協力に取り組んでいたが、2004年のインド洋津波を機に防災研究を志す。兵庫県立大学減災復興政策研究科准教授。