視聴者がいちばん濃いのは「貴族探偵」?いやあのドラマも!~視聴濃度で見る4月ドラマ~

データセクション社「TV Insight」データ画面より

クライマックスへ向かって盛り上がる春ドラマ

4月クールのドラマがもうすぐ最終回を迎える。このところドラマの視聴率は10%台ならいい方で、そこだけ見ると低調に思えるが、内容的には面白いものが多いと思う。テレビと人々の関係が変わってきて、視聴率が必ずしも内容の良し悪しとイコールではなくなっている。

私は2月に視聴率とは別の物差しとして「ツイート数÷視聴率」で計算した数値を「視聴熱」という言葉で提示した。(→「『カルテット』は『逃げ恥』に続いてネットから火がつく可能性があるか?~新指数「視聴熱」の試み」)ただ、この「視聴熱」はテレビ雑誌「ザ・テレビジョン」がもっと大きな意味で使っていたことを知った。そこであらためて「視聴濃度」という言葉を提示したい。

「ツイート数÷視聴率」の理屈は、「見ている人のツイートの数と世帯の対比」で、盛り上がって見ている人の割合が大まかに示せるのではないか、というものだ。もちろんツイッターは世代的に偏りがあるので一概には言えない。全般に、若い層が見るドラマほどツイート数も多くなる。あくまで「試しに算出してみた」結果だと重々認識したうえで読んでもらいたい。(なお視聴率は関東の数値をネット上のニュースなどから得たものだ)

また、直近3回分の様子をグラフで見せている。最終回へ向かってそれぞれ盛り上がっているのがわかる。全てのドラマを一度にグラフにするとわからなくなるので、土日、木金、月~水の3つに分けてグラフ化している。

土日ドラマは「ボク、運命の人です。」を「小さな巨人」が追う

まず土日だ。先に視聴率を見てもらおう。

画像

一目でわかるようにTBS日曜劇場「小さな巨人」がずば抜けている。安定して13%前後でここまで推移してきた。一方、亀梨和也と山下智久の名コンビで話題だった日テレ土曜「ボク、運命の人です。」は視聴率ではいまひとつだ。

次に「視聴濃度」を見てもらおう。もう一度説明すると放送中のツイート数を視聴率で割ったものだ。

なお、ツイート数はデータセクション社の分析ツール「TV Insight」から収集している。

画像

視聴率とは違って、「ボク、運命の人です。」が他のドラマよりずっと上をいっている。ファンが熱心に見ていることがうかがえる。しかも、最終回に向けてかなり盛り上がってきているようだ。

ただ「小さな巨人」も負けてはいない。前回、ツイート数がぐんと伸びている。「運命」をどこまで追い上げるか、あるいは「運命」がさらに盛り上がって突き放すかが見ものだ。

木金は「リバース」を「人は見た目が100%」が意外な追い上げ

木金は視聴率と視聴濃度を続けて見てもらおう。

画像
画像

「緊急取調室」は視聴率は高いレベルで安定している。一方視聴濃度は低く出た。これは視聴者層が中高年に偏っているせいだろう。私も毎回見ていて、かなり盛り上がるのだがツイート数にその興奮が出にくいのだ。

一方視聴濃度では「リバース」がかなりの高さを示しているが、それをここへ来て「人は見た目が100%」がぐいぐい上がって急追している。時間帯が遅い「恋がヘタでも生きてます」も健闘していて「緊急取調室」より上だ。こうして見ると、木金のドラマも最終回に向けて盛り上がりそうだ。

「貴族探偵」が異様な盛り上がりで他を圧倒

次に月火水のドラマをまとめて見てもらう。

画像

まず視聴率では「あなたのことはそれほど」が他より一つ上を走っている。東出昌大の冬彦さんを彷彿とさせる演技が話題となり、上がっていきそうな気配だ。

画像

次に視聴濃度を見ると、驚くべき状況が見えてくる。30周年を迎えた月9の鳴り物入り企画「貴族探偵」は視聴率では正直さえないのだが、視聴濃度ではダントツ。全曜日の中でも圧倒的に上を行く。視聴率が低いので視聴濃度の計算だと高く出るのはあるが、とにかくツイート数が異様に多い。

ドラマの放送中のツイート数は通常、4~5,000あると相当盛り上がった状態なのだが、「貴族探偵」はとくにここ3回、15,000を超えている。「逃げ恥」は視聴率がぐんぐん上がるとともにツイート数も5万とか8万とかになったが、「貴族探偵」は最終回に向けて視聴率がさほど上がらなくてもツイート数が上がっていった場合、初めての事例になるかもしれない。この先を見守りたい。

ちなみに、「貴族探偵」に隠れてしまったが、他の3つのドラマもかなりツイート数が増えて来ているので、最終回に向かって盛り上がりそうだ。

忘れてはいけない、ほんとの「視聴濃度」勝者はあのドラマ

さて、この記事では深夜帯のドラマは基本的に入れていない。さすがにツイート数がさほど高まらないからだ。ただこのクールでは「恋がヘタでも生きてます」が深夜帯としてはツイートが盛り上がっていたのでグラフに加えた。

それとは別に、意図的に外していたドラマの「視聴濃度」を最後にグラフで見せよう。対比として、異常に高い「貴族探偵」などと比べている。

画像

このクールにシーズン6が金曜深夜に放送されている「孤独のグルメ」。0時を過ぎての放送なのにツイート数が高く、視聴濃度を計算すると圧倒的な高さになる。直近の回では、異様に高いと書いた「貴族探偵」をも超えてしまった。とくに6月9日深夜の最新回は、その前の週に「世界卓球」の延長で放送が飛んでしまったので、そのぶん視聴者が盛り上がったのだろう。

ただ、ツイート数の絶対値は最新回でも11,000強。「貴族探偵」のほうが絶対値は上なのだが、視聴率が倍くらい違うので、「濃度」としては「孤独のグルメ」が上回った形だ。

ドラマの評価は多面的であっていいのでは?

この「視聴濃度」はあくまで私が試しに計算してみた数値で、ドラマの新しい価値基準として公式に認められたものではない。見てもらえばわかるように、視聴率が高いと不利になるし、年齢層が高いと数値が出にくい。

そういった部分を割り引いて見てもらえば、最終回に向けてどのドラマが盛り上がっているかの参考にはなるだろう。私が見ているドラマの盛り上がりの実感値とは、リンクするように思う。

私がここで示したかったのは、ドラマの評価はいろんな要素で見ることができる、ということだ。最近、視聴率をそのまま記事にしたり、10%を割るとネガティブな印象で書かれた記事が多い。だが視聴率はあくまで広告取引の指標であって、視聴者が気にする数値ではない。参考程度にとどめ、自分の好きなドラマを好きなように見て、面白かったらツイッターで意思表示すればいいと思う。作り手や出演者はけっこうツイートを見ているので、応援になるはずだ。数字からは見えない”気持ち”が届くのは、素敵なことではないだろうか。