ラグビー日本代表、W杯直前の試合で逆転勝利!「FWに誇りが持てる試合だった」(SH田中)

レフリーとコミュニケーションを取って笑顔を見せるSH田中(撮影:斉藤健仁)

9月19日にラグビーワールドカップ(W杯)の初戦を控える、ラグビー日本代表(世界ランキング14位)は5日、イングランドのグロスターにあるキングスホルム・スタジアムでジョージア(グルジア代表。同13位)と、本番直前、最後のテストマッチを行った。この会場はW杯の予選プールの第2戦目(9月23日)のスコットランド代表戦と、第4戦目(10月11日)のアメリカ代表戦を行うスタジアムだった。

日本代表は、昨年秋に負けている、スクラムとモールに強みのあるジョージア代表と、真っ向勝負。前半は6-7とリードされて折り返したが、後半37分、相手ゴール前のモールから、途中出場のNO8アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)がインゴールにボールを押さえて、13-10と逆転勝利。W杯本番へ弾みをつけた。

この試合、日本代表を率いるエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が「W杯のキーマン」と名指しする3人、FLリーチ マイケル主将(東芝)、HO堀江翔太、SH田中史朗(ともにパナソニック)は、それぞれの持ち味を出して勝利に貢献。個々のフィジカル、フィットネスの調子も上がってきたことを証明した。

そんなSH田中は、試合後の囲み取材に対応し、下記のように話した。

――試合の感想は?

前半と負けて(6-7で)折り返したが、我慢して、良いディフェンスで、相手を疲れさせて、BKで攻める部分できていました。点差は接近していましたが、ワールドカップ前に良い準備ができました。

今日は、ディフェンスのコミュニケーションが良かった。1本相手にキックでトライを取られたが、相手の良いプレーだったから仕方ないです。それ以外は、FWはモールとスクラムで耐えて、BKもライン、ギリギリでも止めていたので自信になります。

今までやってきたことが実ったという試合でした。最後、ベンチから見ていても安心して見ていられた。今後はコミュケーションを取って、自信を持って、先を見ずに、一試合一試合やっていきたい。ワールドカップ前に勝利して、良い雰囲気で終われました。

――ジョーンズHCに試合後、何か言われた?

エディー(ジョーンズHC)さんには、「チーム全体、特にFWに対して、やられてきた相手に互角に持ち込み、モールでトライも挙げた。全員が成長している」と言ってもらいました。

――どうしたら、敵陣22m内に入って、トライが取れそうなところで取れるようになるでしょうか。

コミュニケーションを取れたら、もっと簡単にトライとれた。そこができていなかったから取れなかった。やっぱり相手のプレッシャーも強かったですね。ラックに人数をかけすぎて、外で(アタックとディフェンスの)人数がいっしょになってしまったこともあるので、もっともっとリーチ中心に話して(試合中に)修正していきたい。

トライ後、喜びを爆発させるNO8マフィ(撮影:斉藤健仁)
トライ後、喜びを爆発させるNO8マフィ(撮影:斉藤健仁)

――今日の試合は南アフリカ代表やスコットランド代表を想定した試合だったと思います。日本代表のフィジカルの現状はどう思いますか?

モールでトライも取れましたし、前回(昨年11月に)ジョージア代表と戦ったときよりも上がっています。3年前しか、僕はジョージア代表と対戦していないですが、スクラム互角に組めるようになりましたし、一緒にプレーしていて、特にFWに誇りが持てる試合でした。

――W杯に向けて自信、手応えは?

去年やられている相手にしっかりしたプレーでリベンジできたし、みんなが自信持ってプレーできた、自信を持ってW杯に臨めます。

――W杯初戦、南アフリカ代表戦に向けて豊富をお願いします。

まだ2週間あるので コーチ陣、リーダー陣が、作戦を立ててくれると思うので、それに向けて準備していくだけです。今から力を上げること無理なので、コミュニケーションとって一つにまとめることが大事だと思います。

※試合のハイライト映像

※試合全編