津波注意報 宮城県 海岸から離れる

繰り返して津波は来る可能性がある(筆者作成)

 20日18時09分頃に発生した地震では、宮城県に津波注意報が発生されました。海の様子を決して見に行かないでください。津波は繰り返して押し寄せる可能性があります。

 NHKによれば、津波はすでに到達とされています。ただ、津波は繰り返し襲来します。海の様子は決して見に行かないでください。

 港では防波堤の構造によっては天端に津波が上がってきて、防波堤の逆側に押されて落水することがあります。防波堤で釣りをしている人は大至急避難しなければなりません。

 岩場では入り組んだ岩の構造で津波がせり上がり、海に引っ張られる可能性があります。大至急陸の高い所に向かってください。

 砂浜では浜の奥まで海水が薄く広くあがってきます。そして、戻り流れなどによって海に引っ張られる可能性があります。大至急砂浜から離れてください。

 河口付近では津波が集中して高さがせり上がります。堤防上にいても上がってきた水位に足下をすくわれて、川とは逆方向に流されます。大至急で陸側の遠いところに逃げます。

 NHKによる津波到達予想時刻です。

 石巻港 18:20

 仙台港 18:40

 予想される津波の高さは1 mです。防波堤に押し寄せれば、その数倍の高さにせり上がります。岩場ではせり上がった波に体が岩にたたきつけられます。砂浜では数十mの距離で砂浜奥に上ってきます。

 考えているよりも、水際ではインパクトが大きくなります。1 mの高さでも油断してはなりません。

 海水温はまだまだ低い時期です。浮いていれば助かるというレベルではありません。波にのまれて浮いていられても、数時間で命を失うほどの水温です。水に落ちること、流されること、絶対に避けなければなりません。

18時41分 追加

19時30分 津波注意報は解除 (NHKニュースより出展)