KTMはDUKEが790→890化! 小さな巨人390アドベンチャーも登場! |EICMA2019

KTM 890DUKE R  撮影:佐川健太郎(以下写真すべて)

890DUKE R

KTMも各モデルのアップデートがアナウンスされたが、特に注目したいのは今回新たに登場した「890DUKE R」だろう。

一昨年にデビューしたKTM初の並列2気筒を搭載した790DUKEのスケールアップ版だが、ボアとストロークそれぞれを増やして890ccまで拡大されたエンジンは高回転化により従来の105psから121psへと大幅にパワーアップ。それでいて車重は3kg減の166kgとスペックだけでも強烈な走りが想像できる。シャーシの剛性バランスも見直され、車体ディメンションもより戦闘的に。WP製前後サスやブレンボ製ブレーキなどの足まわりユニットも進化し、ライポジもよりスポーティに変更されるなど「R」に相応しい内容となっている。

画像
画像
画像
画像

390ADVENTURE

もう一方のブランニューとして発表された「390ADVENTURE」は390DUKEベースの高性能単気筒エンジンを搭載するスモールアドベンチャー。

KTMが得意とする分野だけあって小さいながら装備は本格的で、前後19/17インチタイヤにWP製サスは調整機構と前後170mm/177mmのストロークを確保。ナビなどのコネクト機能付きフルカラーTFTディスプレイやオフロードABS、トラコン、MSCなどを標準装備するなど上級モデル並みの充実度だ。跨った印象は790アドベンチャーよりひと回り以上コンパクト。冒険への旅がさらに身近に感じられはずだ。

画像
画像
画像
画像

※原文より筆者自身が加筆修正しています。

出典:Motor-Fan BIKES