KTM「790アドベンチャー」海外試乗会速報!アフリカの大地を感動とともに駆け抜けた

「KTM790アドベンチャーR」でアフリカの大地を走る筆者

舞台となったのはサハラ砂漠

KTMの最新モデル「790アドベンチャー」の国際メディア試乗会に参加してきました。場所は北アフリカのモロッコにあるアルフードという街。かの有名なサハラ砂漠への玄関口として知られています。

画像

790アドベンチャーは昨年デビューした790DUKEと同系の水冷並列2気筒エンジンを搭載した新世代のアドベンチャーモデルです。試乗会にはダカールラリーで5勝を挙げたマルク・コマや、今年のダカールで11位に入った最強の女性ライダー、ライア・サンツなどKTMが誇るラリー界のスーパースターもゲストとして顔を揃えるなど、このモデルに対するKTMの力の入れ様が伝わってきました。

画像
ダカールラリーの帝王、マルク・コマもゲスト参加
ダカールラリーの帝王、マルク・コマもゲスト参加

オンロード仕様は快適脚長ツアラー

今回試乗したモデルは2つのバリエーションがあり、「790アドベンチャー」は前後21インチ/18インチのスポークホイールにオンロード寄りのタイヤを履いた仕様で、ハイスクリーンやタンデム前提の分割式ダブルシートを装備するなど、主に高速道路やワインディング、ラフロードを含む長距離移動でのマルチな走りを狙った“快適脚長ツアラー”です。

KTM 790アドベンチャー
KTM 790アドベンチャー

エンジンは790DUKE譲りの鼓動感とスムーズな吹け上がりが印象的で、地平線まで続く直線道路をハイスピードで流しているだけでも楽しくなります。3種類のライディングモード(ストリート、レイン、オフロード)の他、コーナリング時にも対応したABSとトラクションコントロールを装備するなど安全面での性能も大きく進化。航続距離400kmを誇る20リッタータンクを車体の低い位置にマウントすることで高速コーナーでも安定したハンドリングを実現。フラットダートにも躊躇なく入っていける走破性の高さも印象的でした。

ラリーマシン並みの性能を誇る「R」

これに対し「790アドベンチャーR」は、ホイール径などは同じですが、よりオフロード寄りのブロックタイヤと全調整式のWP製前後サスペンション、アップフェンダーやワンピースタイプのシートが与えられた本格派オフロード仕様で、本来のアドベンチャーらしさをより前面に打ち出したモデルです。

KTM 790アドベンチャーR
KTM 790アドベンチャーR

大きな特徴はライディングモードに「ラリー」の設定がある点。「ラリー」モードは最もアグレッシブな出力特性が与えられ、スロットル開け開けで赤茶色に乾いたアフリカの大地を飛ぶように突っ走っていく快感はまさに疑似ダカールラリー体験。スケールの大きさといい、今までに経験したことがない感動体験でした!

画像

デューンで巨大砂丘越えに挑戦

そして、クライマックスはデューン体験。KTMトップライダーの先導で巨大な砂丘越えに挑んでいきますが、ここでも790アドベンチャーの軽量な車体と最適化されたサスペンション、「ラリー」モードのパワーが遺憾なく発揮されました。

画像

パウダーのように細かい砂の丘はエンジンパワーとライダーの体力を容赦なく削ぎ取っていきます。そこでは軽くて扱いやすい車格、強力なパワーが絶対条件となることを身を持って知ったわけです。まさに究極のオフロードであり、KTMは790アドベンチャーを通じてそれを我々に体験させたかったのだと理解しました。

とりあえず速報でご報告。790アドベンチャーの詳しい試乗インプレッションは近日中に動画とともにお届けいたします。楽しみにしていてください!

画像

出典:Webikeバイクニュース