「CRF250 RALLY(ラリー)」を国内初試乗!覇気のあるエンジンとしなやか足が好印象です!

HONDA CRF250 RALLY

新型CRF250シリーズの試乗会が千葉県・マザー牧場で開催され、ニューモデルの「CRF250 RALLY(ラリー)」、新規制に対応しブラッシュアップされた「CRF250L」と「CRF250M」がお披露目されました。

今回は特にブランニューモデルの「CRF250 RALLY」を重点的にテストライドしたので、その印象を速報でお伝えしたいと思います。

ダカールマシンの開発思想を投影

今回、国内初試乗となったCRF250 RALLYは、世界一過酷なレースと言われる「ダカールラリー」を戦うホンダのファクトリーレーサー、CRF450 RALLYのフォルムと開発思想を受け継いだオフロードモデルです。

“より遠くへ快適に”をコンセプトに、移動するための装備として、ウインドスクリーンや容量を増加させつつスリムなフューエルタンク、よりストロークの多いサスペンションが与えられるなど、優れた巡行性能とオフロード性能を実現しているのが特徴となっています。

迫力ある大柄なシルエット

▲CRF250 RALLYと、リアルラリーレーサーのCRF450 RALLY
▲CRF250 RALLYと、リアルラリーレーサーのCRF450 RALLY

見た目は250ccクラスとしては大柄で、展示されていたCRF450 RALLYにも引けを取らない存在感が印象的。左右非対称の2灯LEDヘッドライトはまさにラリーマシンの迫力を醸し出しています。

シート高もスタンダードのCRF250Lより若干高めですが、いざ跨ってしまえば前後サスペンションがスッと沈み込むため、足着きも見た目ほどは悪くありません。

パリッとした元気のいいエンジン

画像

エンジンは今回の新型CRF250シリーズ共通の水冷4スト単気筒DOHC4バルブ249ccで、基本構造は従来どおりですが、吸排気系をリニューアルして出力特性を向上。

画像

スペック的には従来モデルから1psアップの24psですが、低速トルクも増して鼓動感も強調され、よりパリッとした印象になりました。高回転まで力強く伸びる緻密なエンジンフィールは、さすがホンダといった感じです。

しなやかさが際立つ専用の足まわり

画像

特に感心したのは足まわりです。STDモデルに比べて30mmほど伸ばされた前後サスペンションはしっとりとしたストローク感で、オンロードでは乗り心地が良く、オフロードでは路面の凹凸を滑らかにいなしてくれる追従性の良さが光りました。

モトクロッサーのような強いバネの反発力からくる硬い乗り心地ではなく、あくまで柔らか系。

リヤショックのリンクなども変更しているとのことで、ひと口に言えば“ロングランでも疲れない仕様”になっています。このモデル専用に作り込まれた足まわりの違いを体感することができました。

画像

フレームマウントの本格的なスクリーンは防風効果が高く、一般道を軽く流すレベルでもその性能の片鱗を体感することができました。

今回は時間的に高速道路でのテストまではできませんでしたが、パワー感のある水冷エンジンと熟成された足まわりで、きっと快適な高速クルーズを実現してくれることでしょう。

詳しい試乗インプレッションについては、近日中に動画解説も含めてアップしたいと思いますのでお楽しみに!

出典:Webikeバイクニュース