東京五輪に先駆けて北朝鮮が「国体」開催! 5万人収容の競技場で!

金日成競技場で15日にあった全国別対抗群衆体育大会サッカー決勝戦(労働新聞から)

 北朝鮮は先月25日に開かれた北朝鮮オリンピック委員会の総会で、新型コロナウイルスから選手を保護するため、東京五輪に参加しないことを決定したが、北朝鮮国内では太陽節(金日成主席生誕日)慶祝全国道(県)対抗群衆体育大会が開かれており、15日には金日成競技場でサッカーの決勝戦が行われた。

 平壌中心を流れる大同江の西岸、凱旋門の東側に立地し、陸上トラックと人工芝のサッカーコートを有する金日成競技場は約5万人を収容できる。配信された写真を見る限り、競技場は超満員の観客で埋め尽くされていた。マスク着用の有無にかかわらず、北朝鮮では観客に上限を設けていないようだ。

 また、この日、平壌の劇場では恒例の金日成生誕祝賀公演が行われ、金正恩総書記が李雪主夫人を連れ添い、党幹部らと共に芸術団体の合同公演を鑑賞していたが、誰一人マスクを着用してなかった。配信された写真を見る限り、ソーシャルディスタンスとも無縁だった。

 朝鮮中央通信によると、金総書記が劇場の観覧席に現れると観客から熱狂的な「万歳!」の歓呼の声が上がり、また、公演が終わると、今度は「金正恩総書記を仰いで上げる嵐のような歓呼の声が再び場内を震撼させた」とのことだ。

 室内での「ノーマスク」は金総書記出席の下、4月6日から3日間の日程で開かれていた労働党末端大会でも見られた。大会会場には全国の道、市、郡から延べ1万人が集まっていたが、雛壇の党幹部を含め参加者全員がマスクを着用してなかった。

 今年1月の労働党第8回大会でも同様の光景が見られた。代表者4750人、傍聴人2000人、合わせて6750人が出席していたが、初日の開会式ではこれまた誰一人、マスクを着けてなかった。

 国体が開けるぐらいならば、新型コロナウイルスが蔓延していないのだろう。もしかすると、本当に感染者がゼロなのかもしれない。

(参考資料:北朝鮮「コロナ感染者ゼロ」は本当かも!?)

 五輪開催地の日本、東京が7月までに「コロナ」を終息できるならば、国際オリンピック委員会(IOC)の説得次第では、北朝鮮が翻意し、東京五輪に参加する可能性はゼロではない。

 IOCにはまだ公式の不参加通知がなされてないことから、バッハ会長自らが北朝鮮の説得に乗り出すとしているが、果たして金総書記の心を動かすことができるだろうか?

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て1982年朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動。98年ラジオ「アジアニュース」キャスター。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。「もしも南北統一したら」(最新著)をはじめ「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「韓国経済ハンドブック」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など著書25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。