「慰安婦問題」のシンボル的存在である李容洙さん(93歳)が2月16日に記者会見を開き、「慰安婦問題」の国際司法裁判所(ICJ)への付託を提案して以来、これを支持する声が韓国内で急速に高まっている。