日本の感染者数は韓国の3分の1なのに東京がソウルよりも多い不思議!

PCR検査を行う韓国の感染安全診療ブース(出所:ソウル・ポラメ病院)

 東京都の感染者が新たに118人増え、4日午後3時現在、累計で892人となった。国内の感染者が3113人なので、東京は国内感染者の27%を占めている。

 一方、隣国・韓国の首都・ソウル市の感染者は533人(4日午後3時現在)で、全体(1万156人)の僅か5.4%に過ぎない。

 国内の感染者数では日本は韓国の約3分の1に過ぎないのに首都に限っては359人も多いのは何とも不思議な現象だ。

 首都で最初に感染者が確認されたのは東京が1月24日で、ソウルは1月23日。ほぼ同時期だった。また、1か月後の2月24日の時点での感染者数は東京の32人に対してソウル31人とこれまたほぼ同数であった。

 さらに、それから1か月後の3月24日に東京がそれまででは最多の16人の感染者を確認しても、それでもトータルでは東京(155人)はソウル(330人)の半分以下だった。それだけに簡単に逆転するとは考えられなかった。状況が一変したのは日本政府内で東京五輪の延長方針が固まった3月23日頃からだった。

 時系列でみると、3月22日の一日の感染者はソウルの10人に対して東京は2人と、8人も少なかった。しかし、23日にソウルの6人対して東京が16人とひっくり返ると、24日4人対17人、25日13人対41人、26日13人対47人、27日12人対40人、28日17人対63人と東京が増え続け、遂に29日(24人対68人)の時点で全体数でもソウルを抜いてしまった。

 翌30日は13人対13人と同数だったものの31日は28人対78人、4月1日は24人対66人、2日は16人対97人、3日は19人対89人、そして4日は20人対118人と、何と約6倍も差がついてしまった。この期間の合計では、ソウルの221人に対して東京は736人と、東京が3.3倍も多い。

 ソウルの一日の最多は3月11日の49人だが、それ以降の一週間は12日14人、13日12人、14日9人、15日8人、16日6人、17日13人、18日3人と急降下した。市内の教会で発生した集団感染の影響で3月29日に24人の感染者を確認したが、それでも30人台、40人台になることは一度もなかった。従って、オーバーシュート(感染爆発)もロックダウン(都市封鎖)もせずに済んだ。

 東京とソウルの感染者数の逆転現象は両国の一日の感染者数で3月27日から日本が韓国を上回り始めたこととも無縁ではない。

(参考資料:一日の感染者数では日本は韓国を上回ってしまった! 危険信号か?

 国内で最初の感染者が確認されたのが日本は1月16日で、韓国は4日遅れの1月20日だった。2月14日の時点では日本の29人に対して韓国は28人とほとんど変らなかった。

 これまた時系列でみると、一日の感染者では3月26日までは韓国のほうが常に日本よりも多かったが、27日に初めて日本(123人)が韓国(91人)を上回ると、以降その差は開き、3月28日から4月3日までの一週間の合計では韓国の730人に対して日本は1931人と、2.6倍も多かった。

 肝心の死亡者もソウルのゼロに対して東京は23人に上っている。退院者もソウルの117人に対して東京は69人(4月3日現在)と遥かに少ない。

 人口は東京の1395万に対してソウルは974万と4百万人ほど少ないが、肝心のPCR検査では9万5850件対3806件と、東京よりも実に25倍も多い。それでいて、感染者も、死者もソウルの方が少ないという現実を一体、どう理解すれば良いのだろうか。

(参考資料:過去最多の41人で「重大局面」の東京は「49人」を出したソウルと同じ道を辿れる!?

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ