感染者もPCR検査も韓国は日本の17倍!韓国の感染者急増はPCR検査数の差?

「新型コロナ感染」対応中央災難安全対策本部会議(出所:対策本部)

 韓国は中国に次いで新型コロナウイルス感染者の数が多いが、韓国の防疫当局は「世界のどの国よりもPCR検査と診断を積極的にやっていることの証しである」と国民に説明している。感染者が急激に増えているのはそれだけ急速に感染者を探し出し、隠さず公開していることの表れでもある。

 韓国政府は感染の疑いのある人に対して管轄の保健所もしくは1339コールセンターに問い合わせてから選別診療所や国民安心病院に行くよう積極的に勧めている。選別診療所は全国に582か所、国民安心病院は204か所あって、インターネットに治療所や病院名及び場所と電話番号が載っている。

 韓国では当初、6時間以内に結果が確認できるPCR検査は疾病管理本部(国立仁川空港検疫所を含む)と全国18カ所の保健環境研究院のみで行われ、1日に処理できる件数約160件と限られていた。しかし、2月7日から感染検査の医療機関を増やし、現在では1日平均で1万件実施されている。

 実際に韓国では2月27日午前9時の時点でPCR検査を受けた人は4万4157人だったが、今日(3月5日午前9時)現在、その数は延べ14万775人に達している。その結果、3月5日午前9時基準で5776人の感染者が発見されている。ちなみに日本は厚生省の発表では、自治体の検査数を含めるとこれまで実施されたPCR検査は3月4日午後12時現在、延べ8111件。韓国の約17分の1に留まっている。

 また、韓国は自宅隔離者も2万810人(3月5日午前9時現在)で、2015年の中東呼吸器症候群(MERS)時の1万7000人を上回っている。隔離者1人につき公務員1人が対応することになっているが、集団感染を発生させている大邱市では公務員1人が7人の面倒を見ている状況にある。

 韓国は「疑わしき者は検査する」との方針から重症者に限らず、無症状者、軽症状者を発見し、同時に感染経路を辿って、接触者を探し出すことを優先させているが、感染が疑われた人が病院で検査を受けるまで平均3~4日かかっているためその間に家族や知人と接触すれば、1人あたり平均して3~4人の感染者が発見されるとしている。

 現状でも韓国の1日のPCR検査はどの国よりも多いが、月末には一日に1万3千から1万5千件と増える見通しだ。

 韓国の感染者の急増は世界でもトップレベルの優れた検査・診断能力と透明性を持った情報公開によるところが大きい。換言するならば、感染者が増大しているのはそれだけ速やかに感染者を探し出し、隠さず公開していることの証でもある。 

 感染者が増えれば増えるほど、国際社会は韓国を警戒し、韓国からの入国を禁止、制限する国が増え、すでにその数は実に94か国に上っているが、それでも、韓国は検査を徹底的に行い、何事も隠さず、透明性を持って現状を明かすことが韓国の国際的信用度を高めることになるとみている。

 日本は韓国より人口では約1億2600万人対約5100万人、対中貿易では3537億7千万ドル対2434億3千万ドル、中国人観光客の数では959万人対600万人と、どれをとっても韓国を上回っている。

 日本のほうが新型コロナウイルス発症源の中国との関係は密にもかかわらず、PCR検査は人口比率からしても韓国は1173人あたり1件なのに対して日本は6万7000人のうち1件しか検査ができてないのは問題だ。

 韓国の感染者(5776人)が日本(331人=クルーズ船の712人を除く)よりも17倍も多いのはどう考えても、PCR検査数の差によるところが大きいようだ。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ