文大統領支持率は過去最低!野党の「チョ法相退陣運動」には反対!意外な世論調査結果

疑惑のチョ氏を法相に任命した文大統領(青瓦台ホームページから)

 韓国の世論調査専門機関「リアルメーター」が9月16~18日の間に全国有権者約2千人を対象に行った世論調査の結果が出た。文在寅大統領の支持率は大統領就任(2017年5月)以来、過去最低を記録した。 

 ▲文大統領支持率

 「支持する」・・・・・・43.8%(-3.4%)

 「支持しない」・・・・・53.0%(+3.0%)

 これまでの最低値は今年3月(第2週)の44.9%。世代別でみると、最低は60代以上の32.4%。20代も43・7%(前週比5ポイント減)と低い。

 大統領支持率の急落とともに与党「共に民主党」の支持率も下落した。政府与党が民意を押し切ってチョ法相を強行任命したことが影響しているようだ。野党「自由韓国党」の支持率が上昇し、その差は6%に縮まった。

 ▲与党と野党第1党の支持率

 与党「民主党」・・・・・38.2%(-1.3%)

 野党「韓国党」・・・・・32.1%(+2.0%)

 ちなみに直前の「韓国リサーチ」の調査(9月10-11日)では;

 「民主党」・・・・・33.7%(38.5%)

 「韓国党」・・・・・22.7%(19.6%)と11%も開いていた。

 注目のチョ法相任命では、「反対」が「賛成」よりも20%も多い。「韓国リサーチ」の調査では「反対」は51.0%、「賛成」は38.9%と、差は12.1%だった。

 ▲チョ法相任命

 「反対」・・・・・・・・55.5%

 「賛成」・・・・・・・・35.3%

 なお、「リアルメーター」は18日、「オーマイニュース」の委託を受けて別途、約500人を対象に野党が主導しているチョ・グック法相退陣運動についても賛否を聞いているが、意外な結果が出た。予想に反して「反対」が「賛成」を上回っていた。

 

 ▲野党のチョ法相退陣運動

 「反対」・・・・・・・・52.4%

 「賛成」・・・・・・・・42.1%

 最大野党の「自由韓国党」はチョ法相辞任を求め黄教安代表自らが剃髪するなど女性議員を含む剃髪による抗議が続いているが、国民の半数以上が反対に回った理由について「オーマイニュース」ではチョ法相任命事件の長期化による疲労感のほか、アフリカ豚コレラ発生や国際原油価格上昇など民生問題が台頭したことや剃髪という極端な方法への拒否感が背景にあるとみている。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ