阪神タイガースの契約更改《11/28・前編》アップしたルーキーコンビと石崎投手

28日に契約を更改した阪神の大山選手(左)、石崎投手(中)、小野投手(右)。

 阪神タイガースはファン感謝デーも終わり、これから12月にかけて次々に契約更改が行われます。金額もどんどん大きくなっていくわけですね。28日にはドラフト1位、2位コンビも登場し、仲よくアップで更改しました。この日は小野泰己投手(23)、大山悠輔選手(22)、石崎剛投手(27)、北條史也選手(23)、原口文仁選手(25)の5人が順番に交渉を行い、全員サインしています。

 その中から、まず前編として小野投手、大山選手、石崎投手の話を今季の成績とともにご紹介しましょう。3人ともアップ更改でしたね。1200→1800の数字は今季→来季の年俸、金額は推定(単位は万円)です。なおテレビの代表インタビューと、記者による囲み取材を分けて書いています。

100イニング以上、2ケタ勝利を

【小野泰己投手】1年目 1200→1800

 ★1軍 15試合 2勝7敗 78回2/3 防御率4.35

     安打78(本塁打6) 三振63 四球40、死球5

 ★ファーム 5試合 1勝2敗 23回2/3 防御率4.18

     安打23(本塁打2) 三振18 四球16、死球0

《テレビインタビュー》

 サインはされましたか?「はい。もう、すぐサインしました!」。アップ、ダウン、現状維持のどれですか?「アップという評価をしていただきました」。どれくらい上がりましたか?「そこはほんと、ご想像にお任せします」。自身が想像したくらい?「まあ、すぐ納得してサインさせていただいたので」

 球団からの話は?「勝てなかった時期もあったけど、1年間ルーキーとしてよくやってくれたと言われました」。自分で振り返って。「あっという間に終わったシーズンだったかなと」。思い出に残っているシーンや嬉しかったことは?「一番は初勝利した時が嬉しかったです」。悔しかったのは?「なかなか勝ちがつかなかったこと」

 手応え、または課題と感じた部分は?「自分の球をしっかり投げることができれば、ある程度通用するかなという手応えは感じました。課題としては制球や体の強さ、1年間戦える体の強さですね。もっともっとスキルアップしていかないといけないかなと感じました」

 2年目に向け、球団からはどんな期待の言葉が。「1年間しっかりローテーションで回れるような投手になってくれと言われました」。自身の目標は?「やっぱり1年間、1軍のローテーションとして回ることを目標に。イニングとしても100イニング以上、勝利も2ケタっていうのを目指して、このオフはしっかり体を鍛えたいと思います」

画像

《囲み取材》

 想像通りのアップ?「そうですね。自分が納得する感じだったので」。運もありますけど、なかなか勝てなかった原因を自己分析すると?「相手ピッチャーより先に点を取られたり、相手ピッチャーよりいいピッチングができなかったり、というのが負けた原因でもあると思います。最少失点や0点で抑えられるピッチングがしたい」

 100イニング、2ケタ勝利という数字は?「先発として1年間投げるためには、やっぱりそれくらいやっていかないといけないと思ったので」。アップした分は何に使う?「特に何も考えていないですね」

今も忘れられない初打席の瞬間

【大山悠輔選手】1年目 1500→2500

 ★1軍 75試合 198打数47安打38打点 打率.237

     本塁打7 三振41 四球18 盗塁2(失敗2)

     ※守備(試合数) 一(47)、二(1)、三(10)、外野(16)

 ★ファーム 49試合 142打数33安打14打点 打率.232

     本塁打1 三振21 四球14 盗塁4(失敗2)

《テレビインタビュー》

 サインはされましたか?「はい、しました」。アップ、ダウン、現状維持のどれでしょう?「上げてもらいました」。アップ幅は?「そこはご想像にお任せします」。満足度は?「いい評価をしてもらったと思うので、しっかり期待に応えられるよう頑張りたいです」。自身が想像していたくらいはアップしたということ?「はい」

 今季について球団からは?「規定打席には届いていないんですけど、得点圏打率が3割少しあったので、そこの評価はしていただきました。でも、やっぱり規定打席にいくことが一番大事だと思うので、来年しっかり頑張りたいと思います」

 ルーキーながら、いろんなポジションを守って、いろんな打順を打ったことも評価された?「はい、評価してもらいました。それでもまだまだだと思うし、また1つの課題も見つかったので、しっかりやっていきたい」。1年目を振り返って。「あっという間に終わってしまったなと。でもすごく勉強できましたし、いい経験ができた1年です」

 今後、課題として取り組んでいくことは?「1年間ケガをせずに1軍で出ることが大事だと思うので体をもう一度しっかり作って、常にベストコンディションで試合に臨めるようにしたい」。手応えを感じたことは?「正直まだ手応えってものは感じていないですし、まだまだ満足できない数字で…。まだまだだと思います」

 ことし印象に残っていることは?「たくさんありますけど、やっぱり初打席。初出場の打席というのは忘れないと思います。その時の気持ちを、これからも忘れてはいけないと」。逆に悔しかったシーンは?「目の前で胴上げというか、あの瞬間を見たのは悔しかったですし、来年はそれを僕たちがやらないといけないと思います。そうできるように、しっかり貢献したい」

 球団から期待の言葉は?「来シーズンもそうですが、中心になる選手になってほしいと言われたので、まだまだですが期待に応えられるようにやっていきたいです」。来年の目標を。「数字はまだ決めていませんが、開幕から1年間しっかり1軍の試合に出場することが今の目標なので、1年間チームに貢献できるよう頑張ります」

 来年も4番を?「打順より、その時その時でチームに貢献するため、まずは自分のできることをしっかりやりたいです」

画像

《囲み取材》

 1年間通してチームに貢献するのが一番の目標?「はい」。体作りで特に強化したいのは?「いや、もう全部ですね。まだまだ足りない部分がたくさんあるので。どこを鍛えれば成功するという正解はないと思うから、プレーにつながるような鍛え方をしていきたいです」

 印象に残ったのが初打席とのこと。初ホームランではなく?「はい、最初の打席ですね。あれが本当のスタートだったと思いますし、初めて1軍の打席に入った瞬間の気持ちは、言葉にするのは難しいですけど、あの感覚は忘れられない。あの時の気持ち、今でも覚えていますね」

 1年目で4番を打ったことの評価は?「でも結果を出さないと意味がない。4番を打ったというよりも、そこで結果を出して初めて評価されるもので、そこはまだまだ」。規定打席に達することが目標と。「1年間しっかり試合に出続けることが一番だと思うので、数字的にも規定打席というのは僕の中で重要というか、1つの目標です」

 ファンの皆さんの印象に残ったCSの活躍。ポストシーズンでの活躍に特別な感情はある?「個人的には、この先ずっと自信になる期間だったんですけど、負けてしまったので…。やはりポストシーズンは勝つことが一番重要だと。負けてしまった以上、すごく悔しいし勝ちたかったというのはあります。自分の内容としては次につながるとは思います」

勝ちパターンの一角を担う!

【石崎剛投手】3年目 1300→1800

 ★1軍 26試合 1勝1敗 30回2/3 防御率1.17

     安打16(本塁打1) 三振32 四球15、死球2

 ★ファーム 26試合 1勝0敗1S 28回2/3 防御率3.77

     安打17(本塁打1) 三振25 四球21、死球1

《テレビインタビュー》

 サインはされましたか?「はい、しました」。アップ、ダウン、現状維持のどれですか?「アップしました」。上がり幅は?「そこのところはご想像にお任せいたします」。笑顔になるくらいの?「そうですね。僕は満足しているところです」。球団の評価は?「8月9日から1軍に登録されて、それ以降の26試合、防御率1.17という、全体面ですごく評価していただきました」

 振り返って。「できすぎっていう感じだと思ったんですけど…正直、春先から1年間通してやりたかったので、ちょっと悔しい部分と嬉しい部分があります」。それだけの成績を収められた要因は何だと?「まずは自分自身、自信を持ってマウンドに立てたというところ。あとは周りの人の支えだったり、サポート面がすごく大きかったと思います」

 日本代表メンバーとして、いい経験ができた?「そうですね。国際大会というのも初めてですし、侍ジャパンのユニホームも初めてでしたが、実際に投げてみての経験とか、来年につながる部分も見えてきました」。来季に向けての課題は?「左打者に対しての攻め方が、すごく課題だと思います。変化球であったり」。球団からの言葉は?「勝ちがついているところで投げてほしいっていうことと、1年間通して1軍の舞台で、と言われました」

 それを受けて。「1年間、1軍にいたいと思いますし、チームにとって必要とされる選手になりたいので、自主トレも兼ねていいスタートを切れたらいいですね」。登板数は?「50試合とか60試合を目標にやっていきたい」。勝ちパターンの一角に入って?「そうですね。投げている以上はいいところでという思いがありますので」

画像

《囲み取材》

 勝ちパターンで投げる顔ぶれが固まっている1軍。でもそこに入りたい?「はい。勝ちパターンで投げたいですし、その中で競争していきたい思いもありますので。自分自身がそこで負けないように戦っていけたらなと」。ドリス、マテオにも対抗心を持って?「まあ、そうですね」と言って思わず笑い、周囲も。「難しいとは思いますけど、信頼度とか全部含めたうえで勝負していきたいです」

 左打者への攻め方について。「インコースをつくのはもちろんですけど、逃げ球を。フォークボールだったり、ツーシームやシュートだったり。ちょっと左に対しての球種を増やしていければ。今のところ考えているのがフォークボールとツーシームですね。フォークボールは香田コーチに言われて、シーズン中から一応投げていたんですけど。その精度や投げる場面で、どうしても頼りになる真っすぐとスライダーしか投げられなかったので。確率を上げて来年につなげられたらいいなと思います」

 参考にした人はいる?「そうですね、シーズン中からイム・チャンヨン(林昌勇)さんをずっと動画で見ていました。あの人もフォークボールとか投げていたので参考にさせてもらっているんですけど、自分の感覚と狙ったボールにすごく差が出ているので、その差を埋められればなとは思っていますが、なかなか難しい」

 ことし投げて、チームの勝利に貢献できる喜びを感じたことは?「勝っている時、負けている時、同点の時、いろんな場面で投げさせてもらい、サヨナラ勝ちにも貢献させてもらったので、1つの勝ちという喜びは大きなものがありました」。空振りを取れる真っすぐが武器ですけど、最終的には160キロも目指す?「いや、そのへんはまったくないです!」

 ※石崎投手の最近の記事はこちらです。→<球児先輩の言葉を胸に“侍のセットアッパー”へ 阪神タイガース・石崎剛投手>

最後にお金の話、ぶっちゃけました

 なお、囲み取材の途中で「お金の話ですみません。上がった額ってどれくらいですか?」と、ある記者が直球勝負を挑みました。すると石崎投手から「額?逆にどれくらいだと思っていますか?」と聞き返されて一同大笑いです。「想像に任せているけど、その想像の金額がわからないんで」とのこと。

 記者が「500万くらい…」と答えたら「で、いいと思います」と返事をして石崎投手が笑い、場内も大爆笑!そんなに開きはないかという問いに「そうですね。大きくも小さくもないような」と石崎投手。ご協力ありがとうございました。でも、よく考えたら「小さくもない」って?

 3年目での推定500万円アップ、親孝行など考えていますか?「親孝行はもう十分していると思うので(笑)。自分自身?あとは嫁さんに、ですね」。いつも支えてもらっている奥さんに、プレゼントでも?「プレゼント…まあ余裕があったら」。石崎投手、余裕は作りましょう!

 ※この日に契約を更改した北條選手と原口選手の話は、こちらからでもご覧いただけます。→<阪神タイガースの契約更改《11/28・後編》自分の居場所へ戻る!原口選手と北條選手>

     <掲載写真は筆者撮影>