タイガース・安芸キャンプ 最後のシート打撃《2/24》

シート打撃の途中で、関本選手(右)からアドバイスを受ける横田選手。

きのう24日、安芸キャンプでは最後のシートバッティングが行われました。登板したピッチャーは、22日に雨で中止となった練習試合・四国銀行戦で投げる予定だった、安藤投手、藤原投手、松田投手、田面投手の4人。初実戦を流してしまった安藤投手も、さすがの仕上がり具合ですね。打撃内容は以下の通りです。

◆安藤

【植田】空振り三振

【俊介】空振り三振

【狩野】右飛

【田上】左飛

【一二三】左前打

久保コーチから「思いきり腕が振れている」と高評価を受けた藤原投手。
久保コーチから「思いきり腕が振れている」と高評価を受けた藤原投手。

◆藤原

【鶴岡】左飛

【藤井】中前打

【植田】左飛

【俊介】右飛

【狩野】左前打

◆安藤

【田上】捕犠打

【一二三】見逃し三振

【鶴岡】右飛

【藤井】中飛

【狩野】右飛

◆藤原

【植田】二ゴロ

【俊介】投強襲安打

【田上】二ゴロ

【一二三】中飛

【小豆畑】遊ゴロ

◆松田

【関本】左越二塁打

【横田】空振り三振

【小豆畑】左中間二塁打

【岡崎】中飛

【黒瀬】捕邪飛

田面投手は打者の足元への球がいくつかあり「ああいうのをなくさないと…」と反省。
田面投手は打者の足元への球がいくつかあり「ああいうのをなくさないと…」と反省。

◆田面

【坂】投ゴロ

【西田】左飛

【関本】四球

【横田】中飛

【小豆畑】見逃し三振

◆松田

【岡崎】捕犠打

【関本】右前打

【黒瀬】左中間二塁打

【坂】空振り三振

【西田】左前打

◆田面

【岡崎】中飛

【横田】四球

【黒瀬】空振り三振

【横田】空振り三振

【西田】中飛

【坂】四球

【坂】左飛

「スタンバイOK!」の安藤

久保コーチいわく「もうここにいる状態ではない」という仕上がりの安藤投手。
久保コーチいわく「もうここにいる状態ではない」という仕上がりの安藤投手。

まず久保投手コーチの談話をご紹介しましょう。「安藤は順調。いいと思います。十分スタンバイOKです。22日のブルペンで強烈に力を入れていたので、きょうはちょっと重かったかな。でも今の時期に真っすぐを強く投げることができて、それはもう十分。いつでも1軍に行けますよ。ここにいる必要はない」と太鼓判。

続けて「松田はもうちょっと変化球がね。あそこで変化球をもう少し楽に入れられるといいんだけど。安藤のようにツーシーム、フォーク、いつでも放れるということになるとレベルも上がる。藤原、よくなってるね。きょうくらいいければ中継ぎとか、そういうのも面白いと思うよ。思いきって腕を振れだしたね」と話しています。

シート打撃で投げる松田投手 続く↓
シート打撃で投げる松田投手 続く↓
あら、ちょっと帽子がずれているような…↓
あら、ちょっと帽子がずれているような…↓
脱げたっ!と思ったら、自分でキャッチ
脱げたっ!と思ったら、自分でキャッチ

安藤投手は「順調に仕上がっているなと思います。この前の実戦(22日)が雨で流れたので、きょうはその代わりということですね。変化球もひと通り、バッターに対して投げました。この時期でこれくらい投げれば十分だと思う。順調です」と頼もしい言葉。久保コーチも、今の状態ならここにいる必要はないと。「そうですね。もういつでも試合にいけるかな。あとは味方でなく、ライバルのチームに投げればギアも上がっていくし、気持ちも変わってくると思うので」。27日にも1軍合流、ではないでしょうか。

松田投手は「真っすぐとか、まだまだだと思います。真っすぐは自分の生命線というか持ち味なので、それがダメだったら…。しっかりブルペンで調整していきたい」と言っています。久保コーチから何かアドバイスされていたのは?「テイクバックが遅れているので、少し早くしたら、と。試したいと思います」

三振はフォークだそうですが「1球決まったくらいじゃまだまだです。フォークは去年、試合では投げていませんね。フォークに限らず、全部レベルアップしていきたい」とのこと。そして「28日?まだ聞いていないので、わからないです」という答え。

ドラ1・横山は初の連投

それから、23日にフリーバッティングで初めて打者に対しての投球をした横山投手は、きのう24日もブルペン入り。48球を投げています。「連投は、立ち投げ以外では初めてでした。1日おきで投げていたので。やっておきたかった。張っているところで、どうか確認しておきたかった。あすとあさってはノースローで、もう一度万全な状態を作っておきたいという自分のプランです」

23日のフリー打撃に続いて、24日もブルペンで48球を投げた横山選手。
23日のフリー打撃に続いて、24日もブルペンで48球を投げた横山選手。

キャンプが終わったあとのことについても「どんどん球数を増やさないといけない。先発をやるのであれば、どこかで100球くらい投げるようにやっていかないと。スタミナをブルペンで作っていきたい」と先を見据えたコメントでした。

久保コーチに聞くと「横山は予定通りブルペンに入っていましたよ。こちらが遠慮(ピッチングから外そうと)したくらいで、疲れも出ている中、本人も連投することを選んだようですね。きのう、きょう投げて張りを強めに作って、あすとあさっては休んで“超回復”を目指します。鳴尾浜で一度、たぶんフリー打撃に投げる予定。週明けからチームが遠征に行くので、打者のいる時に投げないと」という話です。

掛布DCも太鼓判の関本

シートバッティングで2安打の関本選手。「まあまあ順調ですね。ここまで実戦も出ているし、いい感じです」。松田投手の球について質問され「シーズンで対戦しないんでねえ。よくわかんないです」と。確かに、そりゃそうですよね。「きょうは自分の練習ですから。僕の練習はよくできました!」と締めくくっています。

シートバッティングで松田投手からヒット2本の関本選手。
シートバッティングで松田投手からヒット2本の関本選手。

その関本選手に関して掛布DCは、こんなことを言っています。「ことしの関本は“振っている感”がないんだけど、ヘッドが走っている。打球が飛ぶんだよね。すごくいい状態だと思いますよ。ちょっと早いくらいじゃないかな。結果が出ているからね。年を取ってくると、前へ進むために色々と変えなくちゃならない。結果が出ないと、それが間違っているのでは?と不安になって、また一からやり直さなきゃならない。でも結果が出ると継続していけるから。関本が今、この状態であることは非常にいいと思うよ」

とてもわかりやすい説明でした。これはもちろん、ベテランと呼ばれる年齢に達した選手に限りませんよね。「何かを変えたい、変えなきゃ1軍には上がれない」。悲壮なくらいの覚悟で新しいシーズンを迎える小虎は大勢います。だから掛布DCの話のように、結果が出ることは何よりの励みでしょう。キャンプでつかんだ手応えが、ここまで取り組んできたことの答え。まだ結果が出せずにいる選手も、日々の努力は実を結ぶと信じてください。