「各地でトイレットペーパーが不足するなど、一部報道されておりますが、当社倉庫には在庫が潤沢にございますので、ご安心ください!」

静岡県富士市の家庭紙メーカー・丸富製紙が3月2日、公式Twitterにこんな内容を投稿した。倉庫に積まれた大量のトイレットペーパー入り段ボールの写真も掲載。店頭ではトイレットペーパーの品薄が続いているが、在庫が潤沢であることを視覚的に示した投稿で、見た人には安心感が広がっている。

新型コロナウイルスの感染拡大が拡大する中、2月末ごろから、ドラッグストアやスーパーなどの店頭で、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製衛生品が品切れになるケースが増えている。

背景には、「トイレットペーパーの材料はマスクと同じ」といったデマがSNSで拡散したことが挙げられるほか、「ウイルス感染を防ぐために外出を控えるに当たり、十分な数を備蓄しておきたい」といったニーズや、買い物に行って実際売り切れていたり、「トイレットペーパーは1人1個まで」と掲示されている様子を目の当たりにし、「買っておかなくては」と必要以上に購入してしまう心理もあるとみられる。

こういった事態を受け、紙製品メーカーの業界団体・日本家庭紙工業会は、「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にある」と発表したが、一部の店頭ではいまだ品薄な状態で、消費者の不安心理は消えていない。

品薄を伝える報道では、空になったトイレットペーパーの棚を映すケースが多く、「空の棚を見せる報道ではむしろ、不安な気持ちをあおってしまうのでは」と批判する向きもあった。

そんな中、丸富製紙が投稿した、倉庫に山と積まれたトイレットペーパーの画像には大きな反響があり、「こういう画像は安心する」「説得力がある」といった評価が集まっている。

ただ、同社の直販サイトには非常に多くの注文があり、「出荷業務に大幅な遅れが生じている」ため、一時的に注文受け付けを停止しているという。