ジャニー氏死去 木村拓哉が「微博」でコメント、中国語で「ゆっくり休んで」

木村拓哉さんの微博より

 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが7月9日、都内の病院でくも膜下出血のため死去した。10日朝のTwitterはこの話題で持ちきりになっており、トレンドトップに「ジャニーさん」、2位に「ジャニー喜多川」さんが入った。「SMAPを生み出してくれてありがとう」「嵐を作ってくれてありがとう」など、好きなグループの名を挙げてジャニーさんに感謝する投稿も多い。

 ジャニー喜多川さん死去を受け、ジャニーズ事務所に所属する人気タレントの木村拓哉さんが、自身が運用している中国のSNS「微博」(Weibo)に中国語でコメントを投稿し、注目を集めている。

木村さんの微博への投稿より
木村さんの微博への投稿より

 コメントは「ジャニーさんは、今まで走り抜きました。ゆっくり休めることを願っています 拓哉」という内容を中国語で書いたもの。ファンからは、3万以上のいいねが付いており、「ジャニーさんありがとう」「ご冥福をお祈りします」といったコメントが、中国語や日本語で4000件以上寄せられている。

 木村さんが所属したSMAPは、国民的な人気を誇ったが、2016年に解散。メンバーの木村さんと中居正広さんはジャニーズに残り、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんは事務所を辞めて新グループ「新しい地図」を結成。ネットを中心に活躍の幅を広げている。

 SMAP解散以降、ジャニーズ事務所はネット活用に積極的になり始め、木村さんは2018年12月に「微博」の公式アカウントを取得していた。現在のフォロワー数は訳157万人。