Amazon.co.jpの全商品にポイント1%付与へ 5月23日から

Amazon.co.jpのWebサイトより筆者キャプチャ

 Amazon.co.jpで、全商品に5月23日から、1%のAmazonポイントが付与される。Amazon直販商品、出品者からの商品すべてが対象という。Amazon.co.jpの出品者向けポータル「セラーセントラル」で2月20日に発表され、出品者の間で衝撃が走っている。

Amazon.co.jp「セラーセントラル」の告知より
Amazon.co.jp「セラーセントラル」の告知より
セラーセントラルの告知より。出品商品のポイント分原資は出品者の負担になるという
セラーセントラルの告知より。出品商品のポイント分原資は出品者の負担になるという

 5月23日以降はAmazonの直販商品だけでなく出品者の商品にもポイントが付くが、その費用は出品者の負担になるとAmazonは説明。ポイント付与分を考慮した価格設定にするよう求めている。出品者の間では「従わざるを得ないが、販売価格を1%上げるわけにもいかない。価格を据え置いたら利益が減ってしまう」と心配する声が広がっている。また、「独占禁止法に抵触するのでは」との指摘もある。

 Amazon.co.jpはリリース当初、ポイントプログラムは存在しなかったが、2007年、日本独自の制度としてポイントプログラムを開始。ポイント付与の機会を徐々に拡大してきた。ポイント付与強化は、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など、ポイントプログラムでメリットを押し出している他の通販サイトに対抗する狙いがあるとみられる。

 Amazonは、全商品1%ポイント付与の理由について、「購入者はより多くのAmazonポイントを獲得できるようになるとともに、頻度の高いお買い物によって節約が可能になる」と説明している。