羽生選手の記念切手も「メルカリ」で高値転売 宇野選手・平野選手も

羽生選手の記念切手(日本郵便のプレスリリースより)

 郵便局が、平昌五輪のメダリストの記念切手(フレーム切手)を随時発売している。19日には、フィギュアスケート男子シングルで金・銀メダルを獲得した羽生結弦選手・宇野昌磨選手の記念切手を、一部の郵便局と、公式通販サイトで発売した。

宇野選手の記念切手(日本郵便のプレスリリースより)
宇野選手の記念切手(日本郵便のプレスリリースより)

 販売局には買い求める行列ができたほか、郵便局の通販サイトにはアクセスが殺到。20日現在もつながりづらい状態が続いている(参考:羽生選手の記念切手にアクセス殺到 「郵便局のネットショップ」がダウン)。

 羽生選手の号外が大量出品されて話題になったフリマアプリ「メルカリ」には、羽生選手・宇野選手の記念切手が多数出品され、高値で取引されている。

 郵便局で買い求めた人が転売しているとみられ、定価1400円の記念切手の取引価格は20日現在、2500円前後。羽生選手、宇野選手だけでなく、スノーボードハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手の記念切手も出品され、3000円前後の高値で取引されている。

メルカリには羽生選手の記念切手が多数出品され、高値で取引されている
メルカリには羽生選手の記念切手が多数出品され、高値で取引されている
平野歩夢選手の記念切手も高値で取引されている
平野歩夢選手の記念切手も高値で取引されている

 日本郵便によると、平昌五輪メダリストの記念切手は「通販サイトで注文した人全員に届くよう生産する」という。受注は3月31日まで受け付けているため、焦らなくても、落ち着いたころに再度サイトにアクセスすれば、定価で購入できるだろう。

 窓口で販売している局は、東京中央局、仙台中央局、札幌中央局、さいたま中央局、横浜中央局、新潟中央局、名古屋中央局、大阪中央局、広島中央局、福岡中央局。同社は各局の在庫状況を明らかにしていないが「大会期間中随時、販売部数を追加する」としており、一度品切れになっても再入荷されるようだ。