「羽生選手金」の号外、メルカリに大量出品 次々に落札

フリマアプリ「メルカリ」より

 平昌五輪で2月17日、男子フィギュアスケートフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦選手が金メダルを獲得し、五輪連覇を果たした。

 新聞各紙は同日午後、羽生選手の快挙を伝える号外を各地で配布。その一部がフリマアプリ「メルカリ」に出品され、人気を集めている。

フリマアプリ「メルカリ」より
フリマアプリ「メルカリ」より
価格は1部1000円前後が主流
価格は1部1000円前後が主流
2000円以上で取引されるものも
2000円以上で取引されるものも

 羽生選手の快挙を伝える号外は、全国紙のほかスポーツ紙や地方紙も発行し、各地で無料配布した。人だかりができていた配布場所も多いようだ。

 号外を手に入れた人の一部がメルカリに出品しているようで、17日午後6時半時点で250以上の出品が確認できる。

 出品された号外は次々に落札されており、一部あたりの価格は1000円前後が主流。2000円を超える値段で取引されているものもある。