最接近はあす(23日)未明から朝

(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)

「大型」の台風17号は、この後もあまり勢力を落とさずに中国地方に接近する予想です。

最も近づくのは23日(月)の未明から朝ですが、「大型の」台風なので、接近前から風が強まりそうです。

きょう(22日)昼過ぎから暴風のおそれ

南東の風が入りやすい山口県や岡山県を中心に昼過ぎから風が強まるでしょう。瞬間的には風速35メートルの暴風が吹き荒れるおそれがあります。

また、台風の進路に近い山陰でも夕方以降、暴風に警戒が必要です。

風が強まるタイミングが日が沈んで暗くなってからの地域もあります。暗くなってからの外出は危険ですので、今夜は安全な室内で過ごしてください。

明るいうちにベランダや庭に置いてある植木鉢やサンダルなど飛ばされそうな物を部屋の中に移動させておきましょう。

自転車など、室内に入れるのが困難なものはヒモで固定するのも効果的です。

(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)

23日(月)も風が強まる

台風が日本海を北に進んだ後、風向きが北よりに変わります。

山口県の日本海側や山陰では月曜の午前中にかけて風が非常に強く吹くところがあるでしょう。

(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)

雨の影響

台風の最接近と雨のピークはズレる予想です。

22日昼過ぎから山口県では雨脚が強まりやすく、多いところでは1時間に50ミリ非常に激しく降るところがあるでしょう。

山陽や山陰でも1時間に30ミリ~40ミリ激しく降るところもありそうです。

お住いの最新の雨予想はこちらの気象庁のページからご確認ください

https://www.jma.go.jp/jp/kaikotan/

波の影響

(ウェザーマップ)
(ウェザーマップ)

予想される波の高さは、山口県西部で6メートル、山陰で4~5メートル。

通常は波が穏やかな瀬戸内側でも2~3メートルでうねりを伴うところもありそうです。波の影響も23日(月)にかけても続くでしょう。

雨が降っていなくても海の様子を見に行くのは控えて下さい。

23日(月)風が強く吹くおそれがあるため、公共交通機関に遅れや運休となるおそれがあります。

3連休最終日、お出かけするときは最新の気象情報と交通情報をご確認ください。