三井物産~意外に純日本企業的な社風と本質

●実はコテコテの純日本企業

三井物産というと、一般には非常にグローバルな企業というイメージが定着しているかもしれません。しかし私の知る三井物産は、本当にコテコテの日本企業です。例えば、聞いてびっくりするのは、毎月1回か数カ月に1回か忘れましたけれど、業後に食堂で誰でも参加していい飲み会をやるというのです。その日本社に居る役員は基本的に皆出席、社長も出れば、会長も出て、フライドチキンなどをつまみにビールを飲みながら、とにかくワイワイガヤガヤ一緒に語り合い、そこに結構社員が集まってきて、楽しく飲んでいるという、今どき珍しいことをやっています。

また、会社の運営形態としては事業部制を採用していますが、全社的な一体感としてよくないということで、必ずしも欧米流のアカウンタビリティが徹底した経営ではなく、むしろ「やりたいならやってみろ」というぐらいの感じで、いろいろな事業展開をやっている会社です。

●本質は投資会社、バークシャー・ハサウェイに近い

過去に投資した資源分野からの莫大な利益があるからこそできる余裕の経営なのかもしれません。しかしそういった余裕が、例えば最近も、投資したマレーシアのヘルスケアの企業が上場して、数百億単位の利益(マレーシアのIHH:2015年3月末時点の投資含み益は2000億円超に上る)を上げていた様に、次の投資利益獲得への好循環につながっている会社だと思います。

そういう意味で、三井物産は、総合商社ということで、ベンチマークするモデルがなかなかグローバルにはないと言われていますが、私は、ひょっとしたら、ウォーレン・バフェットの投資会社であるバークシャー・ハサウェイに近いのではないかなと見ています。決して資源のメジャーではない会社です。

●課題は本社コストも、54歳の新社長を抜擢できる健全さに期待

ただこの会社の課題も、多くの日本の会社と同様に本社コストの高さです。日本企業ですから、不要になった人材の首を簡単に切ることが出来ず、どうしても余剰な人員を抱えていく必要に迫られる。損益を重視する直接部門は余剰人員を抱えることを嫌がるので、結局は間接部門で抱えることになり最終的には本社につけが回り、どうしても本社コストが高くなります。三井物産をグローバルで見たときに、競合との比較で大きなハンデキャップを負っている部分になります。元来少数精鋭であるべき投資会社として見れば、特にそういうようなところがあると思います。

このコテコテの日本企業が、つい最近、新しい社長を発表しました。その社長は、安永竜夫さんという方で、54歳、東京大学の工学部を出た純粋な三井物産マンです。漏れ聞くところによると、仕事には非常に厳しいが、親分肌で、自らも勉強し、厳しく仕事に臨む。上からも、同期からも、下からも、「この人なら」と見込まれている方だそうです。

後継者としてそういう方が育ってくる、またそういう方を現状の好循環もあり54歳というタイミングで新社長に任命できるということは、ある意味で健全なグローバル企業と言えるでしょう。三井物産は、自信を持ってグローバルに打って出て、頑張って活躍をしている日本企業の代表と言えるのではないかと思います。

過去に投資した資源でもうかっている間に、更に日本経済を牽引するような形でのビジネスの展開をお願いしたいと思います