Apple、3月27日まで中国以外の全てのApple Storeを一時閉鎖。新型コロナウィルス対策で

新型コロナウィルスの影響を考慮しApple Storeの一時閉鎖を発表

 米Appleは3月14日、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する対応として中国園を除く全世界のApple Storeを3月27日まで休業すると発表した。また、同時に同社は新型コロナウイルス対策支援のため、これまでに既に1500万ドルを寄付していたことを明らかにした。

 

■3月13日には、中国でのApple Store全店舗営業再会で株価が上昇

 同社は新型コロナウィルスの感染拡大を受けて中国のApple Storeの営業を休止していたが、3月13日に中国全土での営業を再開を発表。これを受けて下落傾向にあった同社の株価は12%上昇していた。同社は1-3月期の売上を達成できない見通しを示していたが、中国での店舗休業は主な理由のうちの1つだった。