宅ふぁいる便、サービス終了を発表。2020年3月31日をもってサービスを正式に終了。

 2020年1月14日、オージス総研は同社が提供していたファイル送信サービスの「宅ふぁいる便」を2020年3月31日をもってサービス終了することを発表した。

 同サービスの停止理由は、安心安全なサービスを提供するには相当程度のシステムの再構築が必要であり、再構築に要する時間・費用等を踏まえ総合的に判断した上でのサービス終了とのこと。

 同サービスは2019年1月25日、不正アクセス被害を報告。約480万件の個人情報流出へと繋がった。本来同サービスは被害者で有るが、過去退会者のID等が削除されていなかったこと、IDやパスワードが暗号化されない状態で保存されていたことなどから、社会的に批判を浴びることになってしまった。