漫画村復活か?違法海賊版サイト「漫画塔」が公開される

以前に閉鎖された「漫画村」そっくりな違法海賊版サイト「漫画塔」。

多数の漫画等が違法にアップロードされており、ブロッキング議論にまで発展した違法海賊版サイト「漫画村」。2018年4月からサイトが閉鎖され同サイトは閲覧不能になっていた。しかし、閉鎖された「漫画村」に酷似した「漫画塔」と呼ばれるサイトが新たに開設されていることが確認された。

■漫画村とは?

Wikipediaの記載内容を引用する。

2016年に「登録不要で完全無料な」漫画サイトとして開設された。違法コピーされた書籍をインターネットブラウザ上で誰でも無料で読むことができた。漫画の他に、雑誌、小説、写真集の海賊版を掲載していた[1]。

2017年から口コミで利用者が急激に伸び、2018年1月にはWebサイト分析ツール「SimilarWeb」の調べで月間利用者数が約9892万人、日本国内のサイトランキングではlivedoorなどの大手サイトを超え31位となり[2]、その影響規模の大きさから社会問題として話題になり始めた。

出典:wikipedia "漫画村"

2018年以降は、違法にアップロードされた漫画や雑誌などが膨大で有ること、アップロードの速度が早いことなどから、出版社や著作者の権利を侵害しているとして度々ニュースでも取り上げられていたのでご存知の方も多いだろう。他に例を見ない程の堂々とした著作権侵害ぶりによって、「漫画村」をISP等でブロックすべきか?というブロッキング論争にまで発展していた。

■クマのキャラクター「らりっくま」も健在

そんな「漫画村」の復活を予想させる「漫画塔」。違法海賊版サイトで有るためURLの公開は控えるが、筆者が「漫画塔」にアクセスした所、以前に存在していた「漫画村」と画面デザイン等が類似していることが確認出来た。また、スマホでアクセスした所、スマホ対応のレイアウトが準備されており「漫画村」よりも操作性が改善されているようだ。掲載されている漫画も「ONE PIECE ワンピース」や「進撃の巨人」といった人気漫画もアップロードされており「漫画村」を彷彿させる。また、漫画村でキャラクターとして扱われていた「らりっくま」と呼ばれるクマのキャラクターも登場する。

クマのキャラクターも健在。漫画村類似の違法海賊版サイト「漫画塔」
クマのキャラクターも健在。漫画村類似の違法海賊版サイト「漫画塔」

Whois情報によれば、漫画塔のドメインが取得されたのは2018年9月9日となっており、ドメイン取得から約一ヶ月経過している。「漫画村」は2016年に公開され、閉鎖されるまでには約2年の期間を必要とした。

以前の漫画村による出版社の被害額は約3000億円に上るとの試算も有り、政府や出版社の今後の対応が注目される。

■違法海賊版サイトへのアクセスはマルウェア感染のリスク有り

以前公開されていた「漫画村」では、閲覧者のCPUリソースを利用して仮想通貨のマイニングをさせるスクリプトが混入されており、漫画村を閲覧しているとPCのCPU使用率が上昇し、バッテリーの消耗が激しくなることが確認されていた。今回の漫画塔でも、何らかのマルウェアが混入されるリスクや、個人情報を不正に取得されるリスクも有るため、興味本位でアクセスすることは控えた方が良いだろう。