2015年9月2日、SVOD世界最大手のNetflixが日本国内でのサービスを開始した。一ヶ月の無料期間があるということなので、私も早速会員登録を行いNetflixを体験してみた。三年以上利用しているHuluとの比較を交えた簡単なレビューを行いたい。

■登録時に「好み」を尋ねられる

Netflixの会員登録時に視聴デバイスと、「好み」の映画・ドラマを三本選択するように尋ねられる。Netflixはレコメンド機能が優れているとの評判なので、その精度を高めるための作業なのだろう。ここは、後々のことを考えてじっくり選ぼう…

と思ったものの、上陸直後のためラインナップが少ないせいかそもそも日本人に馴染みの無いコンテンツばかり並んでいる。「どれが好き?」と尋ねられても、内容がわからないものばかりで、知らないから選べないという事態に。

仕方が無いので、無難に「24」、「プリズン・ブレイク」を選択したところで、これではありきたりな「定番海外ドラマ」をレコメンドされるかも?と思い、日本アニメ「言の葉の庭」を選択した。洋画については、どれも見たいと思う物が選択肢として登場していなかった。日本で馴染みの無いドラマや映画を並べられて「好みの物を選択して下さい」と言われても選ぶことが出来る人は少数派ではないだろうか。「日本人に分かる」選択肢をもっと追加する必要があるだろう。

■コンテンツの品揃えは期待外れ

「黒船到来」等と上陸前から業界関係者の間で話題となり、オリジナル・コンテンツに映画並みの制作費をかけている等、コンテンツへの期待が高まっていたが、期待値が大きすぎたようだ。

国内、海外ドラマ共にHuluを利用しているユーザには数、質共に物足りなく感じる品揃えだろう。確かに、Netflixオリジナル・ドラマは幾つか見たいと思う物があったが、逆に言えば「それだけ」という印象だ。

例えば国内でも比較的メジャーな海外ドラマ「ウォーキング・デッド」「CSI」「LOST」「HEROS」等は見当たらない。Huluでは海外で「今」人気のドラマを逸早く日本語化し配信する試みを行っていたりもするので、海外の人気ドラマが観たい人にはHuluの方がお勧めだ。

国内ドラマに目を向けても見逃し視聴が充実してきているHuluと異なり、旧作中心であり「メジャー級」と感じるコンテンツが見当たらなかった。私はテレビドラマには詳しく無いが「聞いたことがある」レベルの物をピックアップすると「GTO」「アンフェア」「孤独のグルメ」「アラサーちゃん」「勇者ヨシヒコ」位だろうか。

国内映画、海外映画についても同様。あえて興味を惹かれたのは「インディーズ映画」。「トレインスポッティング」等熱狂的なファンを持つ作品や「単館系」の雰囲気を感じさせる映画が幾つかあった。

辛口になってしまったが、Huluとは異なるレーベルの映画・ドラマがあるため、Huluには無いコンテンツも多くある。Netflixのラインナップの方が好みだという人も勿論居るだろう。コンテンツの好みは人それぞれなので、一度無料期間で好みのコンテンツがあるか試してみるのが正解だ。

■UI/UX

スマホでの操作、PCでの操作はHuluと大差ない。どちらもストレス無く利用出来る。コンテンツの検索方法には多少違いがある。Netflixは映画、ドラマといったカテゴリからの選択と、アニメ等のジャンルからの検索方法と、出演者による検索が可能になっている。Huluは出演者による検索が出来ないので、この点は便利と感じた。

しかし、Huluはスタジオ、地域等からも選ぶ機能があり、例えばBBCのコンテンツ、WOWOWのドラマ、アジアの映画という単位で検索出来る。BBCやWOWOWの創るコンテンツは評価が高いため、コンテンツのタイトルはわからないが、WOWOWのドラマを検索したいという検索が出来るので筆者にはHuluの検索の方が便利だ。

ただ、Netflix、HuluのUI/UXについては双方とも良く出来ており、どちらであってもストレスを感じるユーザは少ないだろう。

■レコメンド

開始一日目なので、まだ恩恵は感じていない。そもそも現状ではコンテンツの品揃えが少ないためレコメンドに頼る必要性をあまり感じない。英語圏でコンテンツを選びきれない程の環境ならレコメンドは有効かもしれないが、日本語対応コンテンツが充実するまでは日本ではあまり効果を発揮しないという事態も起き得るのではないだろうか。

■総論

Huluを下回る650円という値付け、一ヶ月の無料期間という設定、ソフトバンクとの提携と、国内動向を良く研究しており、華々しいスタートダッシュを飾るのか?と想像していたが、コンテンツの品揃えを見る限り控え目なスタートダッシュになりそうだ。初日の率直な感想としては残念ながら「期待外れ」であり、Huluから乗り換えようと思える程の物では無い。

ただ、まだ一日目であり、今後も随時改善は行われていくことは容易に推測出来るため、今の状態だけを持ってしてNetflixを評価することは時期尚早だろう。

筆者が一点気になる点があるとすれば「Netflix」による国内動画配信市場の動向だ。Netflixには国内動画配信市場の牽引役としての期待も大きい。しかし、Netflix上陸という最も注目を集めるタイミングで、このコンテンツラインナップではむしろ「活性化は期待外れ」というムードにもなりかねない。「Netflix」には、国内動画配信市場の牽引役として、今後の飛躍を期待したい。