甲子園開幕!今年は甲子園の裏側も熱い!国内初、リアルライブ配信での広告挿入を実現

第96回全国高校野球選手権大会が11日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。

「球児達の熱い夏」、今年はそれを配信する裏側の仕組みも「熱い」。

この夏、「熱闘甲子園」、「ABC高校野球中継」、「速報!甲子園への道」で高校野球を盛り上げるABC朝日放送は、夏の全国高校野球選手権大会の全試合をPCだけでなくマルチデバイスへライブおよびオンデマンドで配信する。

iOSやAndroidに対応するスマートフォン・タブレットにおいてもWebおよびアプリで視聴が可能になる。昨年まではPCのみへの配信だったライブ配信を、今年初めて、iOSやAndroidの端末など、マルチデバイスに無料配信する。

■国内初、リアルライブ配信での広告挿入

単なるマルチデバイスへの配信だけではない。国内初となる試みが行われている。

本編の再生前には15秒のプリロール動画広告が再生され、ライブ配信の攻守交代やイニング間、各試合の合間にはミッドロール動画広告も配信される。テレビ中継と同じような広告挿入を実現しているのだ。

インターネット動画再生の際に差し込まれる広告には、大きく分けて三タイプある。

・プリロール広告 動画再生前に表示する広告

・ミッドロール広告 動画再生中に差し込まれる広告

・ポストロール広告 動画再生終了後に差し込まれる広告

従来、動画再生前に広告を表示させる配信は数多く存在していたが、動画再生中に挿入することは実現出来ていなかった。(全尺を広告有で作成しているコンテンツは除く)

今回、マルチデバイスを対象としたリアルライブ配信において、アドサーバー経由で直接各デバイスにミッドロール広告が配信されるのは、日本初の試みとなる。

バーチャル高校野球公式サイト|朝日放送