NHK、データジャーナリズムで日本を伝える「DATAFILE.JPN」を開設

NHKが開設したDATAFILE.JPNのスクリーンショット
NHKが開設したDATAFILE.JPNのスクリーンショット

2014年4月6日、NHKは国や自治体がオープンにしているデータや研究機関の調査結果など、世の中の数々のデータを読み解くことで、いま日本で何が起きているのかを明らかにしていく「DATAFILE.JPN」を開設した。

第一回目のテーマは「女性が消える社会」。2040年には20代~30代の女性が半減するという、衝撃の試算が掲載されている。

現在世界各国で、このように「公開されたデータ」を利用して、今起きている事実、あるいは未来をデータで表現する「データ・ジャーナリズム」が脚光を浴びている。NHKは過去にもTwitterの呟きを利用した「震災ビッグデータ」などを放送しており、国内でも早くからこの分野に取り組んでいた。

・公式サイト DATAFILE.JPN