日本人クリエイター稲船 敬二氏、kickstarterで二億円を超える資金調達に成功

「昔のアクションゲームを創りたかった」。カプコン時代にロックマンや鬼武者を手がけたクリエイター、稲船 敬二氏は夢を語る。同士は現在株式会社comceptを立ち上げ、新たなゲーム創りの「ありかた」に挑戦している。

kickstarterと呼ばれるクラウドファンディングシステムで新作「Mighty No. 9」の開発費を募集。「ファンと共にゲームを創りたい」と呼びかけ、本日220万ドル(約2億2千万円)の資金調達に成功。これによって、Mighty No. 9のPS3、XBOX 360、Wii Uでの制作が決定した。このまま、330万ドルまで到達すれば次世代機PS4とXbox Oneにも対応するという。

クラウドファンディングシステムとは、開発者やクリエイターが自分のコンセプトを世に問いかけ、それに共感したファンが資金を提供することで、開発資金を調達するクラウド時代の新たな資金調達手法として注目を集めている。

同氏の試みは日本のコンテンツ業界にとっても要注目だ。市場を見て作品を創るのではなく、ファンと自分が「納得」いくものを創る。既にコンソール機用の資金調達には成功し、多くのクリエイターに夢を与えてくれている。この所ゲーム業界はソーシャルゲームの衰退から「面白さ」への原点回帰の声が高まっている。同氏の挑戦によって、ゲーム製作の過程から変化が生まれそうだ。

出典:kickstarter 古き良き時代を彷彿とさせるゲーム画面
出典:kickstarter 古き良き時代を彷彿とさせるゲーム画面
出典:kickstarter 主人公ロボット。細部まで丁寧にデザインされている
出典:kickstarter 主人公ロボット。細部まで丁寧にデザインされている