ソフトバンクは2013年1月1日イー・アクセスを完全子会社化した。一部報道によるとソフトバンクは、このイー・アクセス株を、議決権の付き株と無議決権株に分ける。無議決権は全体の99%程度になるとの予想であり、残りの1%程度の議決権付き株の67%を売却する。通常、株には1株につき1個の議決権を有している。しかし、自己株式等には議決権の無い株が存在する。

ソフトバンクはイー・アクセス株を2200億円の自社株との株式交換を行っていたため、このうち0.67%=約15億程度が対象となる。但しこれらは議決権付きの株式67%に該当するため、ソフトバンクの議決権比率は3分の1に低下する。

売却先は、サムスンやエリクソン、オリックスなど国内外11社が候補にあがっており、各社に数億ずつ振り分ける予定だという。

原文:ASSIOMA