著作権法改正 本日より施行開始。録画・録音を伴う映像・音楽コンテンツの違法DLは刑罰対象に

2012年10月1日、本日から改正著作権法が施行される。従来から商品として販売されている音楽や映画、ゲームといったコンテンツをインターネットにアップロードし配信する行為は違法であり刑罰対象となっていた。

しかし、違法にアップロードされていると知りながらダウンロードする行為に関しては、平成22年1月から違法と認められはしたが刑罰対象では無かった。しかし、本日からこれらの行為は違法でかつ刑罰対象となる。

10月1日から違法コンテンツのダウンロードが刑罰化される
10月1日から違法コンテンツのダウンロードが刑罰化される

※画像引用:http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200908/2.html

被害者が告訴した場合、ダウンロードした人には懲役2年以下か、罰金200万円以下の罰則が適用される。

どのようなコンテンツが処罰対象となるのかは、詳しくは政府広報を参照頂きたい。

■効果には疑問の声も

実際、今回の著作権法改正で有料著作物として録音・録画された音楽や映画、アニメなどの映像を処罰の対象としており、漫画や小説、電子書籍等は録音・録画されたものではないとして、有料著作物には該当しないとしている。

また、ニコニコ動画やYoutubeで「見た」だけでは、録音・録画の対象とならず処罰の対象にならない。また、その「見た」際に作成されるキャッシュも処罰の対象とはならない。

そのため、Youtubeやニコニコ動画といったストリーミングサービスにアップロードされた音楽や動画コンテンツは処罰の対象にならず、P2Pソフト等を利用したダウンロードやファイル共有等でのダウンロードが対象となっているため、どれほど著作権違法に対して効果があるかは疑問の声もあがっている。

■エルマークの確認を

消費者にとって最も不安な点は、どのコンテンツが違法で、どれが合法なのかを判断する方法だろう。これに対して、文化省では合法コンテンツには「エルマーク」を明記することを推奨している。

今後もし、コンテンツをダウンロードする時に不安を感じる方は、このエルマークが明記されているかを確認して見ると良いだろう。