トナカイさんへ伝える話(46)旭川の事件について思うこと

(写真:アフロ)

 4月15日に文春オンラインが報じた、旭川女子中学生いじめ凍死事件。

 当時14歳の中学生・廣瀬爽彩さんが、同じ中学や近隣の中学の生徒(上級生含む)からいじめを受け、その中には性的ないじめ(性暴力)も含まれていたと。今年の2月13日に彼女は自宅を飛び出して失踪、その後、凍死が確認された。

 文春記者は加害者グループの女子・男子(未成年)に取材したが、彼らに反省の弁はほとんどなく、まるで廣瀬さんにいじめられる理由があった、勝手に死んだと言わんばかりだった。

 文春が報じたことで他メディアも後追いし、事態を重く見た旭川市がいじめについての再調査を発表。文春が報じなければ遺族の訴えは放置されていた。文春が報じて批判が集まったから慌てて再調査。こうして児童・生徒の自死の背景にあったいじめが隠蔽されるのはいつものこととはいえ、控えめに言ってクソクソのクソである。

 この件について、思うことをいくつか。

 ざっくり言うと下記の点です。

(1)文春が彼女の実名と顔写真を報じたことを支持する

(2)未成年の性加害事件について

(3)加害行為を行った未成年の人権擁護は重要。一方で性暴力加害者が過剰に擁護されてきた過去がどの程度共有・反省されているのか疑問がある

(4)このような事件は「滅多にない」のか

この記事は有料です。
トナカイさんへ伝える話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

トナカイさんへ伝える話のバックナンバー2021年4月サンプル記事

小川たまか

価格

550(記事4本)

2021年4月号の有料記事一覧

すべて見る

これまで、性犯罪の無罪判決、伊藤詩織さんの民事裁判、その他の性暴力事件、ジェンダー問題での炎上案件などを取材してきました。性暴力の被害者視点での問題提起や、最新の裁判傍聴情報など、無料公開では発信しづらい内容も更新していきます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

ライターでフェミニストです。主に性暴力、働き方、教育などの取材・執筆をしています。著書『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を』(タバブックス)。やわらかめの記事はこちら→https://ogatama.theletter.jp/

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。