北朝鮮は9月13日、国防科学院が9月11日と12日に新たに開発した新型の長距離巡航ミサイルの試験発射に成功したと発表しました。

 発射された巡航ミサイルは楕円と8の字型の飛行軌道を描いて7580秒で1500km飛行し目標に命中したとされています。ターボファンジェットエンジンを装備する亜音速の長距離巡航ミサイルで、対地攻撃能力を持つ巡航ミサイルの開発は北朝鮮にとって初めてになります。

 この北朝鮮の新型巡航ミサイルは複合誘導結合方式(복합유도결합방식에)を用いて高い命中精度を発揮できるとあり(誘導方式の詳しい解説は無し)、北朝鮮はこれで日本全土を精密攻撃できる巡航ミサイルを手にしたことになります。

 飛行中の巡航ミサイルの写真も公表されており、形状はアメリカのトマホークに酷似しています。エアインテイクが突出しているのはトマホーク初期型に近い外観で、手堅い設計を参考にしているのでしょう。尾翼は3枚でこの点はトマホーク現行型と同じです。

飛行中の新型巡航ミサイル(2021年9月13日発表)

北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル
北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル

 また発射の様子では装輪式の5連装発射機が映っています。これは過去に軍事パレードで既に登場していた車両で、当時は超大型ロケット弾用の新型ランチャーと推定されていましたが、巡航ミサイルも発射可能なようです。あるいは基本車両が共通で、それぞれに仕様変更されている可能性があります。

発射される新型巡航ミサイル(2021年9月13日発表)

北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル
北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル

参考:2020年10月10日パレードで登場した5連装車両

北朝鮮・朝鮮中央通信より2020年10月10日パレードで登場した5連装車両
北朝鮮・朝鮮中央通信より2020年10月10日パレードで登場した5連装車両

 昨年のパレードに登場した8輪5連装発射機と今回の巡航ミサイル発射に使われた8輪5連装発射機は形状が同じ形式の車両です。ただしパレード時の搭載ミサイルは先端に操舵翼のある600mm超大型ロケット弾だったので、同じ発射車両を超大型ロケット弾と巡航ミサイルのそれぞれに仕様変更している可能性が高いことになります。

参考:2020年10月10日パレードで登場した5連装車両

北朝鮮・朝鮮中央通信より2020年10月10日パレードで登場した5連装車両
北朝鮮・朝鮮中央通信より2020年10月10日パレードで登場した5連装車両

※パレード登場時は巡航ミサイルではなく超大型ロケット弾を搭載。特徴的な先端の操舵翼が見える。

比較:発射される新型巡航ミサイル(2021年9月13日発表)

北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル
北朝鮮・労働新聞2021年9月13日発表より新型巡航ミサイル

※巡航ミサイル発射時のランチャーの蓋は上部にヒンジが付いた開閉式となっている。従来の超大型ロケット弾は薄いFRP製の蓋を破って発射するので、細かい仕様の変更が行われている可能性。

 なお2020年10月10日パレードと2021年1月14日パレードでは異様に細長い4連装キャニスター(発射筒)を持つ移動発射機が登場しており、当時これを新型巡航ミサイルと推定していたのですが、間違っていたことになります。こちらの方は謎のままとなりました。

【関連記事】北朝鮮が5軸10輪の新型弾道ミサイルを初公開(2021年1月15日) ・・・記事後半に異様に細長い4連装キャニスター移動発射機に関する考察。

순항미싸일(巡航ミサイル)

 北朝鮮は今回の発表で순항미싸일(巡航ミサイル)という表記を用いました。로케트(ロケット)ではなく미싸일(ミサイル)です。

 北朝鮮はロシアから軍事技術用語を導入しており、ロシア語ではミサイルとロケットを区別せずに一纏めにロケットと呼んでいます。北朝鮮はこの影響を受けており、弾道ミサイルなどは弾道ロケットと呼んできました。ただしミサイルという言葉を全く使わないわけではなく、一部で併用してきました。

北朝鮮の軍事用語は主にロシア式を採用

 そして北朝鮮では2021年1月9日発表の党大会報告で、兵器開発計画として「중장거리순항미싸일(中長距離巡航ミサイル)」という言葉が登場しています。これまでは対艦ミサイルを「순항로케트(巡航ロケット)」と表記していたのに、新たな対地用では「순항미싸일(巡航ミサイル)」という表記に改めています。

 これは誤記載ではなく意図的なものだったことが今回の巡航ミサイル発射試験成功報告で確定しました。

※2021年9月13日午前8時01分、当記事の発射機の解説部分を修正。