竹富島に漂着した無人標的機は台湾軍の所有機と判明

台湾・国家中山科学研究院の公式サイトよりMQM-107ストリーカー無人標的機

 9月8日に沖縄県の竹富島に漂着した国籍マークの描かれていない無人標的機は、台湾軍の所有機だったことが判明しました。9月11日に台湾軍の装備開発部門である中山科学院(国家中山科学研究院)が説明を行っています。

「沖縄県竹富島で謎のドローンが発見された」との報道を受け、当院は次のように説明します。

一、報道の内容から、当院は、これは最近の演習で使用した無人標的機であり、一般的な訓練を目的としたもので、機密に類するような機微な機器やデータの搭載は無かったと予備的に判断しています。

二、標的機は先日の訓練終了後に海に落下しましたが悪天候で見失い回収できず、日本の海域に漂着したため、当院では関係対外部署と調整を行い、手続きに沿って事後処理作業を実施することになりました。

出典:台湾国防部:国家中山科学研究院、2020年9月11日プレスリリースを和訳

 該当の無人標的機はアメリカ製のMQM-107ストリーカーで、アメリカ空軍では既に使っていない古いものでした。日本周辺国では韓国軍と台湾軍が今も使用しており、北朝鮮軍もシリア経由で回収した鹵獲機を参考に模倣品を生産しています。

 沖縄県の竹富島は石垣島と西表島の間にある小さな島で、台湾とも距離が近く、無人標的機が流れ着いたものと思われます。