ロシア軍が戦略爆撃機でイスラム国を大規模攻撃

ロシア空軍のTu-160戦略爆撃機(写真:ロイター/アフロ)

11月17日、ロシア政府は10月31日にエジプトで墜落したロシア旅客機に付いてイスラム国による爆弾テロと断定、報復攻撃を開始しました。戦略爆撃機から発射された巡航ミサイルによる大規模な集中攻撃です。

ロシア国防省の発表によると投入された戦略爆撃機は「Tu-160」、「Tu-95MS」、「Tu-22M3」の三機種で、ロシア空軍が保有する大型戦略爆撃機と中型戦略爆撃機の全種類です。空中発射式の巡航ミサイルや爆弾を投下したとあります。また公開された動画からは最新鋭の空中発射巡航ミサイル「Kh-101」らしい物も確認できます。攻撃目標はイスラム国の本拠地ラッカでした。

  • ロシア国防省YouTube公式より、イスラム国空爆を行う戦略爆撃機
Kh-101と思われる巡航ミサイルの弾頭部
Kh-101と思われる巡航ミサイルの弾頭部
Kh-101と思われる巡航ミサイルの後半部
Kh-101と思われる巡航ミサイルの後半部

また、地中海に展開したロシア海軍のキロ級ディーゼル潜水艦「ロストフ・ナ・ドヌー」が巡航ミサイル「カリブル」で攻撃を行ったことを一部ロシア紙が伝えていますが、こちらは戦略爆撃機の攻撃と違い、ロシア国防省からの正式発表はまだありません。(潜水艦からの攻撃は誤報の可能性が有ります)