ウクライナ内戦で使用されたクラスター型焼夷ロケット弾

2014年、ウクライナ内戦で使用された焼夷兵器

現在は停戦し小康状態になっているウクライナ東部での動乱では、2014年に「白燐弾が使用された!」と騒ぎになった事があります。しかし着弾現場に落ちていた不発弾が回収され、ウクライナ政府軍と東部独立派の両方が使用しているロシア製多連装ロケット「BM-21グラード」のクラスター焼夷弾型ロケット「9M22S」の弾頭に入っている特徴的な六角柱の子弾が発見され、白燐弾ではなかったことが判明しています。六角柱の金属ケースはマグネシウム製で内容物はテルミットだったのです。

9M22S焼夷ロケット弾はクラスター型の為、多数の子弾が燃えながら落ちて来ます。その様子がファルージャやガザで使用されたM825A1白燐弾に似ている為に当初混同されてしまったのでしょう。ただしM825A1白燐弾は剥き身の白燐を空中でバラ撒く仕様で煙幕弾として設計された兵器であり、特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の付属議定書3の焼夷兵器の定義からは除外されています。一方で9M22S焼夷クラスターロケット弾は明確に攻撃兵器として設計されており、CCWで使用制限をされる焼夷兵器に分類されます。つまりM825A1白燐弾よりも深刻な問題とされるべきものでした。ですが、ウクライナ東部での9M22S焼夷クラスターロケット弾の使用に付いて、国際的には殆ど騒がれずに終わっています。

Convention on Certain Conventional Weapons (CCW) Protocol III: Incendiary Weapons - 国連軍縮局・UNODA

しかし、焼夷兵器の使用制限に関する特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の付属議定書3に、ロシアとウクライナの国名が載っています。