米海軍のC-2グレイハウンド艦上輸送機の後継にV-22オスプレイが決定

アメリカ海軍よりC-2グレイハウンド艦上輸送機

アメリカ海軍は空母に搭載しているC-2グレイハウンド艦上輸送機の後継にV-22オスプレイを選びました。ネイビータイムズなどによると、1月5日に海軍長官と海兵隊司令が署名しました。2018年度から予算が計上されるという事です。配備開始は2021年以降になります。

アメリカ海軍より空母トルーマンに着艦するオスプレイ
アメリカ海軍より空母トルーマンに着艦するオスプレイ

これで将来的にアメリカ海軍の空母には1~2機のオスプレイが搭載されます。日本の横須賀を母港とするニミッツ級空母(USSジョージ・ワシントンは今年USSロナルド・レーガンに交代する)にも配備されることになるでしょう。空母航空団は空母が港で整備中の間は陸上の基地に移動するので、日本の場合は厚木基地から移転予定の岩国基地になる予定です。