中国が「日本の戦闘機に異常接近された」とする動画を公表

中国空軍Tu-154機に対するアラート任務を行う航空自衛隊F-15J戦闘機

中国国防部は「6月11日10時17分~28分、東シナ海の中国空軍防空識別圏で定期哨戒飛行中のTu-154型機が、日本のF-15戦闘機2機に30mの距離に異常接近された」として証拠の動画を公開しました。(中国国防部の公式発表)

中国空軍のTu-154電子情報収集偵察機から、航空自衛隊のF-15J戦闘機が撮影されています。

動画を見る限りは異常接近という距離には見えません。これまでもロシア機などに対して行ってきたアラート任務と同程度です。しかし動画を中国に先に出されたという事自体が、対外宣伝として先手を打たれた感があります。