北朝鮮がノドン弾道ミサイルを発射

3月26日未明、北朝鮮がノドン弾道ミサイル2発を発射しました。移動式発射台(輸送起立発射機)が用いられ、西海岸に近い粛川(スクチョン)から朝鮮半島を東に横断して日本海に着弾しています。

ノドン射程範囲
ノドン射程範囲

ノドン弾道ミサイルの最大射程は約1300kmと推定されていますが、今回の発射は半分の射程650km、高度は160km超であると韓国政府は発表しており、低い弾道で発射したものと思われます。射程650kmならばスカッドERでも届きますが、米韓は事前に発射機の動きを察知して確認しており、偵察機や衛星などの複合的な情報も加えてノドンと推定しているのでしょう。

ノドン弾道ミサイルはこれまで東海岸側の発射場から試射されていましたが、今回の試射で初めて西海岸よりの位置から発射した事になり、移動式発射台によって何処からでも撃てる事を実証しました。実戦になった場合、移動式発射台は予備弾を搭載した車両と共に基地を出て行方を眩ませることになります。