荒れた師走入り

 日本海北部からサハリンに低気圧が発達しながら北東進し、この低気圧から延びる寒冷前線の通過によって、東~北日本は大荒れとなった師走の入りとなりました(図1)。

図1 地上天気図(12月1日21時)
図1 地上天気図(12月1日21時)

 12月1日の降水量は、静岡県の天城山で133ミリなど、東~北日本の太平洋側では50~100ミリの降水ですが、短い時間での降水であり、体感的には非常に強い雨が降りました(図2)。

図2 全国の日降水量(12月1日)
図2 全国の日降水量(12月1日)

 低気圧や前線に向かって暖気が入りましたので、全国的に気温は上昇していますが、寒冷前線の通過後は、西高東低の冬型の気圧配置となり、強い寒気が西日本を中心に南下しています。

 気象衛星画像をみると、黄海や東シナ海、日本海西部には、寒気の南下を示す筋状の雲が出現しています(タイトル画像参照)。

 冬型の気圧配置となると、太平洋側の地方は晴れ、沖縄は曇りという、冬に多い3分割の天気分布となります。

秋から冬への気温変化

 令和3年(2021年)の秋は、残暑が長く、10月中旬までは全国の約半分の地点で最高気温が25度以上の夏日を観測していました。

 10月中旬以降は寒気が南下し、10月17日には稚内、旭川、網走で初雪を平年より10日以上早く観測しています。

 ただ、周期的に南下する寒気は強いものではなく、北日本までの南下でした。

 このため、寒気の南下のたびに最低気温が0度未満という冬日の観測地点が増えましたが、全国の1割くらいで止まっていました。

 しかし、11月15日以降に南下してきた寒気は、それまでとは違い、西日本を中心に寒さをもたらしました。

 冬日を観測した地点は、11月29日には、全国で気温を観測している930地点のうち466地点と、全体の5割を超えました(図3)。

図3 夏日の観測地点数と冬日の観測地点数の推移
図3 夏日の観測地点数と冬日の観測地点数の推移

 低気圧や前線に向かって暖気が入ったことから、12月1日の冬日は大きく減っていますが、その後の寒気の南下で、12月2日は西高東低の冬型の気圧配置となり、冬日は大きく増えると思われます。

 しかし、冬型の気圧配置は長続きしません。

 12月3日には、低気圧が日本海から北日本を通過しますので、暖気が入って冬日は減少すると思われます(図4)。

図4 予想天気図(12月3日9時の予想)
図4 予想天気図(12月3日9時の予想)

 ただ、この低気圧と寒冷前線の通過後は、再び寒気が南下し、西高東低の冬型の気圧配置となって寒くなります。

夏が残っている小笠原諸島

 日本列島は、一気に冬の寒さになるのではなく、一進一退を繰り返しながら冬の寒さになってゆきますが、一方、フィリピンの東海上には台風21号があって北上中です。

 台風21号は、向きを次第に東よりに変え、12月3日には強い勢力で小笠原諸島に接近するおそれがあります(図5)。

図5 台風21号の進路予報と気象衛星画像(12月1日21時)
図5 台風21号の進路予報と気象衛星画像(12月1日21時)

 台風21号に関する情報は最新のものをお使いください

 気象庁では、暴風域(最大風速25メートル以上の風が吹いている範囲)に入る確率を、3時間毎に入る確率と24時間以内に入る確率を発表しています。

 これによると、小笠原諸島では、暴風域に入る確率は、12月3日夜遅くの3時間に28パーセントと一番高くなっています(図6)。

図6 小笠原諸島が暴風域に入る確率(12月1日21時の予想)
図6 小笠原諸島が暴風域に入る確率(12月1日21時の予想)

 この頃、最接近と思われます。

 また、12月4日21時までの24時間以内に暴風域に入る確率と、5日21時までの24時間以内に暴風域に入る確率、6日21時までの24時間以内に暴風域に入る確率は、ともに43パーセントです。

 台風の接近と共に、これらの確率の数値は大きくなることが想定されますので、小笠原諸島では、週末にかけて台風の接近に注意・警戒してください。

日本列島はすっかり冬の様相ですが、日本の南海上では、まだ夏が残っています。

タイトル画像、図2、図5の出典:ウェザーマップ提供。

図1、図4、図6の出典:気象庁ホームページ。

図3の出典:ウェザーマップ提供資料をもとに筆者作成。