東京地方で吹いた実質上の「木枯らし1号」

冬の寒さ オフィス街(提供:ayakono/イメージマート)

気温急降下

 令和2年(2020年)11月21日は、寒冷前線が通過し、西高東低の冬型の気圧配置となり、季節風が強い三連休の初日となりました(図1)。

図1 地上天気図(11月21日9時)
図1 地上天気図(11月21日9時)

 このため、強い寒気が南下し、最高気温は前日より大幅に低くなり、10度以上も低くなったところもあります。

 気温が下がって平年並みの気温の風ですが、関東地方では、木枯らしと呼ばれる体感的には冷たい北西の風が吹いています。

 気象庁では、木枯らしが最初に吹いた日を、「木枯らし1号」として情報を発表していますが、関東地方での発表は、東京地方(島しょ部を除く東京都)のみです。

 西高東低の冬型の気圧配置となり、関東地方の多くの県で、毎秒8メートル以上の強い風が吹いても、東京管区気象台の観測所のある東京都千代田区で毎秒8メートル以上の風が吹かなければ「木枯らし1号」の発表はありません。

 また、東京地方以外では、近畿地方(2府4県をまとめて)だけの発表です。

 令和2年(2020年)の「木枯らし1号」は、近畿地方で10月23日に吹きましたが、東京地方も、11月4日朝に吹きました

「木枯らし1号」

 東京で「木枯らし1号」が吹いた11月4日の最大瞬間風速は、3時20分の毎秒15.8メートルですが、「木枯らし1号」の基準となる最大風速は8.2メートルで、3時18分のことです。

 しかし、その2分後の3時20分には最大瞬間風速こそ15.8メートルでしたが、最大風速は7.5メートルに弱くなるなど、8メートル以上の風が吹いたのは夜明け前の数分です。

 1時間毎に風速を示すと、8メートル以上の風はでてきませんし、日中の風速は3メートル程度です(図2)。

図2 東京の1時間毎の風速(上は11月4日、下は11月21日)
図2 東京の1時間毎の風速(上は11月4日、下は11月21日)

 つまり、ほとんどの人は、気がつかないうちに「木枯らし1号」が終わっています。

 また、「木枯らし1号」が吹いたあとの気温は高めに推移しています。

 11月21日の「木枯らし2号」とも呼べる木枯らしは、最大風速こそ8.2メートル(13時25分)ですが、日中には比較的長くやや強い風が吹いています。

 木枯らしが、冬の季節風の走りの現象とするなら、その後の寒さの予報も考慮すると、11月21日の木枯らしのほうが「木枯らし1号」として実感にあうと思います。

寒い12月の入り

 強い寒気の目安として、「上空約5500メートルの気温が氷点下30度以下」というのがあります。

 週明けは、その氷点下30度以下という寒気が北海道まで南下してきます(図3)。

図3 日本上空約5500メートルの気温(11月23日夜)
図3 日本上空約5500メートルの気温(11月23日夜)

 このため、北日本を中心に西高東低の冬型の気圧配置が強まります。

 そして、今週末は、氷点下30度以下の寒気が東北地方まで南下し、この寒気はしばらく継続する見込です。

 東京の最高気温の推移をみると、10月末以降の最高気温は平年より高い日が多く、今週初めは気温が低くなって平年並みです。

 最高気温が平年より低くなるのは今週末以降です(図4)。

図4 東京の最高気温と最低気温(11月22日から28日は気象庁、11月29日から12月7日はウェザーマップの予報)
図4 東京の最高気温と最低気温(11月22日から28日は気象庁、11月29日から12月7日はウェザーマップの予報)

 最低気温は、10月末以降、平年値を挟んで高かったり低かったりしていましたが、今週半ばまでは平年より高い予想です。

 そして、最低気温が平年より低くなるのも今週の末からで、寒い師走の入りです。

 本格的な冬の寒さが始まりますので、体調管理に十分注意して下さい。

 健康に過ごして医療機関に負担を掛けないことも、大きな新型コロナ対策です。

タイトル画像の出典:ayakono/イメージマート。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図2の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

図3の出典:ウェザーマップ提供。

図4の出典:気象庁ホームページとウェザーマップの資料をもとに著者作成。