北日本は台風12号が温帯低気圧に変わっても雨に警戒

北上中の台風12号の雲と地上天気図(9月23日21時)

台風12号の北上

 台風12号が関東沖を北上中です。

 台風が発生・発達の目安の海面水温は27度以上といわれていますが、台風12号は、28度から29度の海域を進む予報です。

 このため、海面水温が27度以下の三陸沖に達するまでは、あまり衰えずに北上します(図1)。

図1 台風12号の進路予報(9月24日0時の予報)
図1 台風12号の進路予報(9月24日0時の予報)

 台風の進路予報は、最新のものをお使いください。

 台風12号の前面には秋雨前線があって雨が降っており、この秋雨前線に向かって、台風に伴って暖かくて湿った空気が流入しています。

 秋雨前線によってまとまった雨が降り、これに台風12号自身の雨が加わります。

 しかも、台風12号の北上速度は、自転車並みで、秋台風としては早くありません。

 このため、降雨時間が長くなることで、総雨量が多くなります。

 台風や前線の影響で、東日本から東北の太平洋側を中心に、9月25日にかけて大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴った激しい雨が降る見込みです。

 土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水などに警戒してください。

 また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。

早期注意情報

 9月23日は、秋雨前線によって、東北の太平洋側や関東・小笠原諸島で100ミリ以上の雨が降りました(図2)。

図2 9月23日0時から24時までの24時間降水量
図2 9月23日0時から24時までの24時間降水量

 これに24日~25日には、秋雨前線と台風12号の雨が加わる予報です(図3)。

図3 9月24日0時から25日24時までの48時間予想降水量
図3 9月24日0時から25日24時までの48時間予想降水量

 台風12号や台風12号から変わる低気圧の動向によって降水量は大きく変わりますが、太平洋側の地方を中心に大雨の可能性があります。

 気象庁では早期注意情報によって、5日先までの警報を発表する可能性を「高」「中」の2段階で予想しています。

 これによると、24日は関東から東北の太平洋側で、25日は東北地方で、26日は東北北部の太平洋側と北海道東部で大雨の可能性があります(図4)。

図4 早期注意情報
図4 早期注意情報

 最新の気象情報を入手し、警戒してください。

 ただ、警戒するのは、台風12号および台風12号から変わった低気圧による大雨だけではありません。

大雨後のまとまった雨

 気象庁が発表している9月25日9時の予想天気図では、三陸沖に台風12号から変わった低気圧がありますが、四国沖にも低気圧があります(図5)。

図5 予想天気図(9月25日9時の予想)
図5 予想天気図(9月25日9時の予想)

 この低気圧は、東シナ海で発生し、発達しながら四国沖に進んできた低気圧ですが、まとまった雨を降らせます。

 大雨が降った直後のまとまった雨ですので、この低気圧による雨が止むまで、警戒を続ける必要があります。

タイトル画像、図1、図2、図3、図4の出典:ウェザーマップ提供。

図5の出典:気象庁ホームページ。