東日本の太平洋側で大雨に警戒も、来週は梅雨明け?

活発な梅雨前線の雲(6月30日15時00分)

前線の通過

 令和2年(2020年)6月30日は、梅雨前線上で低気圧が発達し、西日本の太平洋側から東海を中心に大雨となりました。

 高知県香美市繁藤(しげとう)では1時間に降水量が81.5ミリという猛烈な雨が降り、高知県馬路村魚梁瀬(やなせ)で24時間降水量377.0ミリを観測するなど、西日本の太平洋側から東海地方にかけて200ミリ以上の雨が降っています(図1)。

図1 予想天気図(7月1日9時の予想)
図1 予想天気図(7月1日9時の予想)

 低気圧の東進に伴い、強い雨は次第に東へ移動し、翌7月1日は、東日本の太平洋側を中心に200ミリを超える大雨が降る見込みです(図2)。

図2 24時間予想降水量(7月1日)
図2 24時間予想降水量(7月1日)

 東日本の太平洋側、特に、前日の6月30日から大雨が降っている静岡県では大雨に対する警戒が必要です。

奄美の梅雨明け

 低気圧の通過に伴って前線が南下して衰弱し、7月1日から2日は西日本で、2日から3日は東日本で梅雨の晴れ間となりますが、週末は再び前線上に低気圧が発達し、その前線が北上して活発化する見込みです。

 令和2年(2020年)は、5月10日に鹿児島県奄美地方で、翌11日に沖縄地方で梅雨入りをしました(表)。

表 令和2年(2020年)の梅雨入りと梅雨明け
表 令和2年(2020年)の梅雨入りと梅雨明け

 沖縄地方は奄美地方に遅れて梅雨入りしましたが、平年より11日も早い6月12日に梅雨明けとなっています。

 しかし、沖縄より先に梅雨入りした奄美地方でしたが、梅雨明けは平年の6月29日より遅れています。

 ウェザーマップの16日先までの名瀬の天気予報によると、傘マーク(雨)や黒雲マーク(雨の可能性がある曇り)があるのは7月3日までです(図3)。

図3 鹿児島県奄美大島の名瀬の16日先までの天気予報
図3 鹿児島県奄美大島の名瀬の16日先までの天気予報

 7月4日以降はお日さまマーク(晴れ)と白雲マーク(雨の可能性が少ない曇り)だけです。

 しかも、ほとんどの日は、降水の有無の信頼度が5段階で一番高いAの予報です。

 現在南下している前線は、太平洋高気圧の強まりとともに北上し、そのまま再度の南下はないという予報です。

 奄美地方は、7月3日から4日に梅雨明けするかもしれません。

関東甲信地方の梅雨明け

 ウェザーマップの16日先までの東京の天気予報によると、7月2日にお日さまマーク(晴れ)があるものの、4日までは傘マーク(雨)がついています(図4)。

図4 東京の16日先までの天気予報
図4 東京の16日先までの天気予報

 そして、黒雲マーク(雨の可能性がある曇り)があるのは5日までで、6日以降はお日さまマークと白雲マーク(雨の可能性が少ない曇り)の日が11日間も続く予報です。

 7月6日に平年よりかなり早く梅雨明けとなる可能性があります。

 ただ、名瀬の予報と違って、降水の有無の信頼度は、5段階で下から2番目のDが複数入っています。

 このため、7月6日に梅雨明けではなく、長い梅雨の中休みとなる可能性もあります。

 東京を含む関東甲信地方の梅雨明けは、平年が7月21日ですので、7月6日に梅雨明けとなると、かなり早い梅雨明けということになります(図5)。

図5 関東甲信地方の梅雨明け(昭和26年(1951年)以降)
図5 関東甲信地方の梅雨明け(昭和26年(1951年)以降)

 関東甲信地方の梅雨明けは、統計を取りはじめた昭和26年(1951年)以降、最も早い記録(最早、さいそう)が平成30年(2018年)の6月29日です。

 平成13年(2001年)の7月1日、昭和53年(1978年)の7月4日、昭和48年(1973年)の7月5日と続きますので、令和2年(2020年)が7月6日に梅雨明けをした場合は、平成29年(2017年)、平成25年(2013年)、昭和34年(1959年)とならんで5位タイの早さということになります。

 ちなみに、関東甲信地方で最も遅い(最遅、さいち)梅雨明けは昭和57年(1982年)の8月4日ですが、梅雨明けが特定できなかった平成5年(1993年)の例もあります。

 この年は、立秋(8月7日頃)までに梅雨明けがはっきりしなかったからです。

 梅雨明けが特定できなくても、どこかで梅雨が明け、翌年、平成6年(1994年)は、6月7日に梅雨入りとなっています。

 ウェザーマップの16日先までの天気予報によると、北陸地方と東北地方は、7月16日まで黒雲マーク(雨の可能性がある曇り)や傘マーク(雨)が多い予報ですが、東海から西日本は関東甲信地方と似た傾向の予報です(図6)。

図6 新潟の16日先までの天気予報
図6 新潟の16日先までの天気予報

 来週は太平洋高気圧が日本列島に張り出し、梅雨明けラッシュになるかもしれません。

 ただ、この場合は、真夏の高温となりますので、熱中症に厳重警戒です。

タイトル画像、図2、図3、図4、図6の出典:ウェザーマップ提供。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図5の出典:気象庁資料をもとに著者作成。