梅雨前線から離れていても梅雨のような関東・東北と梅雨の沖縄

上空の寒気に対応する日本海の雲渦巻き(5月20日15時)

=関東・東北の梅雨のような天気==

 令和2年5月20日(水)の東北地方太平洋側からから関東地方、北陸から西日本の日本海側では雲が多く、雨が降ったところもありました。

 日中の気温のあがらず、梅雨寒を思わせる天気となりました(図1、タイトル画像参照)。

図1 推計天気分布(5月20日15時)
図1 推計天気分布(5月20日15時)

 そして、5月21日(木)も同様な天気が続く予報です。

 前日の20日ほどではありませんが、21日も気温は平年より低めです。

 また、北日本では低温注意報が発表されています(図2)。

図2 低温注意報の発表状況(5月20日22時56分現在)
図2 低温注意報の発表状況(5月20日22時56分現在)

 低温注意報は最新のものをお使いください

 これらは、上空約5500メートルで氷点下18度以下という寒気が日本海にあり、ゆっくり北日本を通って北海道の東海上へ進むからです(図3)。

図3 上空約5500メートルの気温分布(5月20日夜)
図3 上空約5500メートルの気温分布(5月20日夜)

 梅雨時のような天気ですが、梅雨時の天気図とは違い、近くに停滞前線はありません。

 停滞前線は関東のはるか南海上にあって西に延び、梅雨入りしている沖縄の近海から台湾に達しています(図4)。

図4 地上天気図(5月20日15時)
図4 地上天気図(5月20日15時)

 上空の寒気が通過した週末以降は、関東から東北の晴れが多い天気が続く予報です。

 ウェザーマップの16日先までの天気予報をみると、5月23日(土)から30日(土)まで、お日様マーク(晴れ)や、白雲マーク(雨の可能性が少ない曇り)の予報が続きます(図5)。

図5 東京の16日先までの天気予報
図5 東京の16日先までの天気予報

 黒雲マーク(雨の可能性がある曇り)の日が続くのは、再来週の31日(日)からです。

 降水の有無の信頼度が5段階表示で一番低いEがほとんどという予報ですが、再来週からは走り梅雨になるかもしれません。

夏日に注意

 図6は、東京の5月から6月までの最高気温と最低気温の推移を示したものです。

図6 東京の5月から6月までの最高気温と最低気温の推移(5月21~27日は気象庁、5月28日~6月5日はウェザーマップの予報)
図6 東京の5月から6月までの最高気温と最低気温の推移(5月21~27日は気象庁、5月28日~6月5日はウェザーマップの予報)

 なお、5月21~27日については、気象庁の最高気温と最低気温の予報を使っていますので、図5の予報とは多少違いがあります。

 図6によると、東京では今週末まで気温が低い日が続きますが、週明け以降、夏日(最高気温が25度以上の日)が続く予報です。

 東京だけでなく、全国的に晴れれば夏日という季節になってきました。

 春は、暑さに体が慣れていませんので、夏日であっても熱中症の心配がでてきます。

沖縄の梅雨明けは月末?

 梅雨入りしている奄美・沖縄地方では、停滞前線(梅雨前線)が近海にあって、連日のように雨が降る予報です(図7)。

図7 那覇の16日先までの天気予報
図7 那覇の16日先までの天気予報

 那覇では、今週末の強い雨も含め、5月30日(土)まで連続して傘マーク(雨)の予報です。

 しかし、31日(日)以降は、梅雨前線が北上したまま南下してこなくなり、お日様マーク(晴れ)が続き、6月にはいると黒雲マーク(雨の可能性が少ない曇り)がなくなります。

 降水の有無の評価は、5段階で一番低いEか、二番目に低いDですが、この頃に沖縄地方は梅雨の中休みになりそうです。

 ちなみに、沖縄の梅雨明けの平年は6月23日(奄美地方は6月29日)です。

 梅雨前線が北上したまま南下してこなくなると、九州南部などで梅雨入りする可能性がでてきます。

 図8は、鹿児島の16日先までの天気予報です。

図8 鹿児島の16日先までの天気予報
図8 鹿児島の16日先までの天気予報

 鹿児島では、しばらくはお日さまマーク(晴れ)が多い天気予報ですが、5月30日(土)以降、傘マーク(雨)の予報が続きます。

 降水の有無の信頼度は、日によって変わり、5段階表示で、3番目のCから一番低いEまでとなっていますが、九州南部の梅雨入りの平年日が5月31日ということを考えると、5月30日頃に梅雨入りする可能性が大きいと思います。

 日本では、毎年のように梅雨時には大災害が発生していますが、まもなく各地で梅雨入りとなります。

 新型コロナウィルスとの闘いの中では、例年以上に気象情報に注意し、早めに、そして慎重な行動が求められています。

タイトル画像、図1、図5、図7、図8の出典:ウェザーマップ提供。

図2、図4の出典:気象庁ホームページ。

図3の出典:ウェザーマップ資料に著者加筆。

図6の出典:気象庁資料とウェザーマップ資料をもとに著者作成。