雨警戒の夏近し 奄美・沖縄の梅雨入りに続いて台風1号の発生

沖縄のはるか南海上の熱帯低気圧の雲(令和2年(2020年)5月12日17時)

南西諸島は梅雨の季節

 令和2年(2020年)は、5月10日に沖縄県奄美地方が梅雨入りをし、翌11日には沖縄地方も梅雨入りをしました

 地上天気図では、沖縄近海に梅雨前線が停滞し、南西諸島では雨や曇りの梅雨空となっています(図1)。

図1 地上天気図(令和2年(2020年)5月12日21時)
図1 地上天気図(令和2年(2020年)5月12日21時)

 南西諸島が梅雨入りしてから約3週間後、その他の地方も梅雨入りし、全国的に梅雨のシーズンに入ります。

 

台風1号の発生

 梅雨に入った沖縄のはるか南毎上、フィリピンの東海上で5月12日21時に台風1号が発生しました。

 台風の統計が行われている昭和26年(1951年)以降で、台風1号が一番早く発生したのは1月1日(平成31年(2019年))となっています。

 また、一番遅く発生したのは7月9日(平成10年(1998年))となっています(図2)。

図2 月別の台風1号の発生
図2 月別の台風1号の発生

 しかし、これは、あまり意味をなさない統計です。

 というのは、台風は熱帯の暖かい海で発生・発達しますので、前年の暖かさが残っていると1月にも台風が発生するからです。

 つまり、資料が集まれば、一番早い台風発生は自動的に1月1日になってしまいます。

 台風の新年度を、一年で一番寒くなったところからスタートとすると、3月スタートとなります。

 台風の新年度を3月とした場合、台風1号の発生は、3月が32%、4月が36%で、多くの年は、4月までに台風1号が発生しています(図3)。

図3 台風の新年度から見た台風1号の発生
図3 台風の新年度から見た台風1号の発生

 令和2年(2020年)は、台風1号の発生が5月12日ですので、台風発生が遅い年となっています。

台風1号の進路予報

 台風1号は、発達しながら進路を西よりに変え、フィリピンに上陸する見込みです(図4)。

図4 台風1号の進路予報(令和2年(2020年)5月13日3時)
図4 台風1号の進路予報(令和2年(2020年)5月13日3時)

 台風の進路予報は、最新のものをお使いください。

 台風1号は、フィリピン上陸の直前から暴風域を持つようになりますが、上陸後は少し衰えながら北上する見込みです。

 そして、台風1号が予報円の北よりを進んだ場合、5月17日の日曜日には、沖縄県の先島諸島にかなり接近する見込みです。

 しかも、先島諸島の南海上の海面水温は、台風が発達するとされる27度以上であり、フィリピン上陸で少し衰えたとしても、再発達して接近する可能性もあります。

 また、梅雨入りしている奄美・沖縄地方付近には梅雨前線があり、台風1号がこの梅雨前線を刺激して大雨の可能性があります。

 最新の台風情報等の入手に努めてください。

 図5は、筆者が昔調査した5月の平均的な台風経路図です。

図5 5月の平均的な台風経路図
図5 5月の平均的な台風経路図

 これによると、フィリピンを北上した台風が北東に向きを変え、沖縄の南海上を進む台風はめずらしくありません。

 まれですが、さらに北上して東海地方から九州南部に接近するものもあります。

 5月といっても、台風に対して油断することはできません。

 梅雨に台風と、夏近しで、大雨の季節が近づいています。

 外出自粛等で早く新型コロナウイルスの流行をとめないと、防災活動に支障がでるおそれがあります。

タイトル画像の出典:ウェザーマップ提供。

図1、図4の出典:気象庁ホームページ。

図2、図3の出典:気象庁資料をもとに著者作成。

図5の出典:饒村曜・宮沢清治(昭和55年(1980年))、台風に関する諸統計、研究時報、気象庁。