早くも今週末から大雨の季節始まる

土砂崩れ(提供:アフロイメージマート)

日本海低気圧

 令和2年(2020年)3月下旬は、大きな移動性高気圧におおわれての晴天から、一転して大雨の恐れがあります。

というのは、3月26日(木)に東シナ海で発生した低気圧が東進し、27日(金)には、日本海で発達する見込みだからです(図1)。

図1 予想天気図(3月27日9時の予想)
図1 予想天気図(3月27日9時の予想)

 このため、日本海の低気圧に向かって、沖縄の南海上から、暖かくて湿った空気が流入するため、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となり、雷や突風、短時間強雨が降る見込みです(図2)。

図2 雨と風の分布予報(3月27日21時の予報)
図2 雨と風の分布予報(3月27日21時の予報)

 この低気圧と前線により、西日本を中心に大雨となり、地形の影響も加わって、東海から西日本の南東斜面では3日間(72時間)で100ミリ以上、対馬や九州北部で200ミリ前後になる可能性もあります(図3)。

図3 予想72時間予報雨量(3月26~28日)
図3 予想72時間予報雨量(3月26~28日)

 このため、気象庁では、早期警戒情報を発表し、27日(金)には長崎県と石川県、新潟県に、28日(土)には石川県と新潟県に大雨警報を発表する可能性が「中」としています(図4)。

図4 大雨警報発表の可能性(3月27日と28日)
図4 大雨警報発表の可能性(3月27日と28日)

南岸低気圧

 大雨の恐れは、今週末の南岸低気圧だけではありません。

 来週も、週明けには南岸低気圧で大雨の恐れがあります(図5)。

図5 雨の分布予報(3月27日朝の予報と30日夜の予報)
図5 雨の分布予報(3月27日朝の予報と30日夜の予報)

 来週の南岸低気圧については、誤差幅が非常に大きいのですが、3月27日(金)なみの雨が30日(月)に降る可能性があります。

 もし、3月27日(金)に大雨が降った地域で、30日(月)に再び大雨が降れば、非常に大きな災害が発生する恐れがあります。

 令和2年(2020年)は、季節が早めに進んでおり、早くも大雨の季節になりますので、厳重な警戒が必要です。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図2、図3、図4、図5の出典:ウェザーマップ提供。