台風で時速380キロの風を観測したのは12月

熱帯海域の雲(12月15日8時30分)

現在の熱帯域

 今年に限った話ではありませんが、一般的に、年末年始を利用してグアム島やフィリピン南部に旅行される方は、台風情報をチェックする必要があります。

 熱帯域の台風シーズンが終わっていない可能性があるからです。

 しかも、希ですが、記録的に発達し、夏~秋の台風以上の強い風が吹くことがあります。

 現時点で、赤道すぐ北の熱帯域では、ところどころに積乱雲が密集している海域がありますが、この積乱雲が密集している海域から熱帯低気圧が発生し、台風にまで発達するには時間がかかりそうです(タイトル画像参照)。

 色々な台風があった令和元年(2019年)は、5月から始まっていますので、現時点で台風の発生数は26個で、あと1個発生するかしないかと思われます。

 平成31年(2019年)は4月までですが、この間の台風発生数は2個です。

 したがって、今年(2019年)の台風発生は28個という可能性が高そうです。

グアム島を襲った平成9年12月の台風

 日本から南へ飛行機で約3時間、そこに長さ52キロメートル、幅6~16キロメートルの細長い島、グアム島があります。

 世界一周の航海中のマゼランの発見以後スペイン領となり、アメリカ・スペイン戦争の結果、明治31年(1898年)からアメリカ領となっています。

 基地の島であると同時に、サンゴ礁で囲まれた美しい熱帯の島であり、年末年始などに日本から多くの観光客が訪れています。

 このグアム島で、最大瞬間風速が毎秒105メートルという記録的な風を観測しています。時速にすると380キロ、新幹線より早い速度です。

 これは、平成9年(1997年)12月16日にグアム島のすぐ北を時速15キロメートル位の速さで、台風28号が西進したからです(図1)。

図1 グアム島と台風28号の経路(ハッチは標高150メートル以上の地域)
図1 グアム島と台風28号の経路(ハッチは標高150メートル以上の地域)

 グアム島にある米軍のアンダーソン基地では、15時31分に最大瞬間風速205ノット(毎秒105メートル)を観測しています(表1)。

表1 グアム島のアンダーソン基地における気象観測(平成9年(1997年)12月16日)
表1 グアム島のアンダーソン基地における気象観測(平成9年(1997年)12月16日)

 アンダーソン基地の風速計は、グアム島北部にある2つの小高い丘のうち、東側の標高162メートルのところにありますが、ここで105メートルの風を観測し、通報したのです。

 このため、日本などで「世界で初めて毎秒105メートルの瞬間風速を観測した」という報道がなされました。

 グアム島では、この台風28号により、突風で割れたガラス片などで約20人が負傷した他、家屋倒壊や停電、農作物被害がありました。

 クリスマス直前の閑散期とはいえ、数千人の日本人観光客が訪れており、日本人旅行者にも重軽傷者がでたほか、日本とグアムを結ぶ全航空便が欠航したために、多くの人が日程の延長をしいられています。

 台風28号は、12月22日9時にフィリピンの東海上で熱帯低気圧にかわり、日本やフィリピンへの影響はありませんでした(図2)。

図2 平成9年(1997年)の台風28号の経路(白丸は9時の位置)
図2 平成9年(1997年)の台風28号の経路(白丸は9時の位置)

グアム島と台風

 グアム島に接近する台風を月別、方向別に見たのが表2です。

表2 グアム島から180カイリ(約330キロ)以内に接近した台風(昭和22年(1947年)から昭和48年(1973年)の資料をもとにS.Brand等が調査)
表2 グアム島から180カイリ(約330キロ)以内に接近した台風(昭和22年(1947年)から昭和48年(1973年)の資料をもとにS.Brand等が調査)

 グアム島から180カイリ(約330キロ)以内に接近する台風は1年間に約4個あり、大部分は7月から11月ですが、12月の接近も、ほぼ10年に1回くらいはあります。

 方向別では、東海上からの接近が全体の3分の1以上を占め、南東海上からの接近がこれに次いでいます。

 なお、南東海上からの接近が多いのは夏であり、秋から冬に多い接近は、ほとんどが東海上からです。

 時速380キロ(毎秒105メートル)の風が最初に観測された、平成9年(1997年)の台風28号も、東海上からの接近でした。

フィリピンでも時速380キロの風

 一般的に、猛烈な風になればなるほど、ものすごい破壊力のために風速計を設置した塔が傾いたり、風速計自身が損傷しますので、正確な観測値を求めるには非常な困難が伴います。

 毎秒105メートルという風は、平成25年(2013年)11月8日早朝にフィリピン中部に上陸した台風30号でも観測しています。

 この台風30号は、従来の台風のように上陸後に勢力は殆ど弱まらずおよそ900 ヘクトパスカルの勢力を約一日半維持し、その間フィリピン中部の島々は毎秒60メートル以上の強風と、台風による局地的な低圧部による高潮に長時間襲われました。

 このとき、アメリカ軍の合同台風警報センター(JTWC)では、衛星などの観測からフィリピン上陸時の最大瞬間風速205ノット(毎秒105メートル)と推定しています。

日本では毎秒100メートルを超える風は観測していない

 日本では、昭和41年9月25日に台風第23号により、富士山頂で毎秒91.0メートルの最大瞬間風速を観測しています。

 また、平地では、昭和41年9月5日に第2宮古島台風により宮古島で毎秒85.3メートル、昭和36年9月16日に第2室戸台風により室戸岬で毎秒84.5メートル以上を観測しています。

 ここで、室戸岬での観測が「以上」となっているのは、途中で風速計が損傷したためです。これ以上の風が吹いていたかもしれませんが、以上としか言いようがありません。

 とはいえ、日本では毎秒100メートルを超えた風は観測していません。

 グアム島やフィリピンでは、私たちの想像以上の強い風が吹くことがあるのです。

 それも初冬にです。

タイトル画像の出典:ウェザーマップ提供。

図1、図2、表1、表2の出典:饒村曜(平成10年(1998年))、グアム島で最大瞬間風速の極値を観測か?、月刊誌「気象」、日本気象協会。