台風17号が日本海へ 温帯低気圧に変わりつつある台風は加速する

九州に接近中の台風17号の雲(9月22日9時00分)

台風17号の北上

 大型で強い台風12号は東シナ海を北上しており、22日(日)夜には対馬海峡付近に達する見込みです(図1)。

図1 台風17号の進路予報(9月22日6時)
図1 台風17号の進路予報(9月22日6時)

台風17号の進路予報については、最新の台風情報をご利用ください

 沖縄地方や奄美地方の海上では非常に強い風が吹き、大しけとなっています。

 台風の北上に伴い、22日(日)から23日(月)にかけて西日本の広い範囲で非常に強い風が吹き、大しけとなる所があるでしょう。

 とくに九州北部では、猛烈な風や猛烈なしけとなる所がある見込みです。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください(図2)。

図2 雨と風の予報(9月22日15時)
図2 雨と風の予報(9月22日15時)

 福岡地方が暴風域(風速が毎秒25メートル以上の範囲)に入る確率は、夕方から急に高くなり、夜遅く(21時~24時)では、ほぼ100パーセントの確率です(図3)。

図3 福岡地方が暴風域に入る確率
図3 福岡地方が暴風域に入る確率

 9月22日(日)の西日本以外の天気予報は、北海道と沖縄は概ね晴れる見込みですが、東日本は曇りで昼過ぎから雨の所が多くなっていますが、夜になると強く降るところもありますので、注意して下さい。

台風の温帯低気圧化(温低化)

 台風17号は、23日から24日にかけて、温帯低気圧の性質を帯びつつ勢力を保って日本海を進み、北日本に上陸する前に台風が温帯的圧に変わる見込みです(図4)。

図4 予想天気図(9月23日21時)
図4 予想天気図(9月23日21時)

 昔の調査ですが、台風が熱帯低気圧に変わるのは全体の約66パーセント(熱帯低気圧に変わったあとに温帯低気圧にかわったものを含む)、台風が温帯低気圧に変わるのが全体の約32パーセント、台風のまま統計180℃以東の気象庁担当範囲外にでるのが2パーセントです(「続・台風物語(饒村曜)」より)。

 台風が温帯低気圧に変わった個数を月別に集計すると、一番多いのが10月です。

 台風の発生数は、8月、9月、7月の順であることから、10月は台風が温帯低気圧に変わりやすく、7月は逆にほとんど変わらないと言うことができます(図5)。

図5 直接温帯低気圧に変わった台風の月別分布
図5 直接温帯低気圧に変わった台風の月別分布

 また、温帯低気圧に変わった緯度を平均すると、8月が北緯43度と一番高緯度で、季節が進むにつれて緯度が下がってきます。

 台風17号は、9月の平均である、北緯40度付近で温帯低気圧に変わりそうです。

台風が温帯低気圧に変わるときの注意点

 台風の衰弱期には、中心付近の最大風速が次第に弱まるのが普通ですが、温帯低気圧に変わったものの中には、寒気の影響を受けて再発達するものもあります。

 また、大雨等により大きな災害をもたらすことがあり、引き続き注意が必要です。

 気象庁が発表する情報では、「温帯低気圧に変わった」という表現を常にしています

 「温帯低気圧に衰えた」と言わないのは、いつも衰えたわけではないからで、災害が発生する可能性が残っているからです。

 一般的に、台風が温帯低気圧に変わるときは、「台風の進行速度が加速し、その後減速しながら温帯低気圧にかわります(図6)。

図6 台風が低気圧に変わるときの進行速度の変化(イメージ図)
図6 台風が低気圧に変わるときの進行速度の変化(イメージ図)

 このことは、温帯低気圧にかわりかけの台風が接近する北日本にとっては、非常に危険な速度変化です。

 台風から離れているといっても、加速しながら接近しますので、油断していると、あっというまに荒れた天気となります。

 そして、接近した後に減速しますので、荒れた天気が長続きします。

 台風17号から変わった温帯低気圧は、千島近海で発達する見込みです。

 台風17号が接近する西日本だけでなく、日本中で警戒が必要です。

 「台風17号は、腐ってもタイ」ですので、最後の最後まで油断することはできません。

タイトル画像、図2の出典:ウェザーマップ提供。

図1、図3、図4の出典:気象庁ホームページ。

図5の出典:饒村曜(平成5年(1993年))、続・台風物語、日本気象協会。

図6の出典:著者作成。